« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月

大晦日 今年最後のブータン連想

2008年も今日でおしまい。ブータンに行くことのできた嬉しい年でした。

紅白を見ていて、アーガイルのハイソックスをはいている中居君を見ながら、またブータンでお世話になったガイドさんやドライバーさんを思い出しています。彼らも膝までの長さのアーガイルのハイソックスをよく履いていました。ブータンから帰ってきて何でもブータンを連想する癖がついていますが、これが今年最後の連想になるかな。

昨日はお墓参りをしてきました。国東半島の山の中、一番奥の父の実家に行き、そこからけもの道をのぼって祖父母のお墓へ。思えばブータンで山の上のお寺に行くときに通ったときのような道です。私の祖父母、父の子ども時代に生活した環境と、ブータンはそっくりなのだなぁということを改めて思いました。そして、私は農家の血筋をひいていて、自作農の多いブータン人に親近感を感じたのだろうなぁとも思いました。

今日は、お昼ごはんに伯父にもらってきた鹿のお肉をいただきました。夜はぶるんぶるんの活きのいい鯛と甘~いモンゴウイカのお刺身、伯母からもらってきた肉厚しいたけ入り年越し蕎麦を食べて、年越しケーキ(?)も食べて満腹になりました。1年の締めくくりのお食事、美味しいものばっかり。ありがたいことだなぁと思いました。

これを書いていたら、紅白も終盤、ミスチルの桜井さんが出てきました♪ショッキングピンクのジャケットも似合うなぁ。私がブータンに持って行ったスーツケースと同じ色☆桜井さんの笑いジワを見て、私の好きなブータン人のみなさんもやっぱりいっぱい笑いジワのある人たちだったなと思い出していました。ブータン連想、これが今年最後かな。

今年1年、ブータン関係で、それ以外でも、良い出会い、再会がたくさんありました。ご縁に恵まれ幸せで~す。みなさま、ありがとうございました☆カディンチェラ~♪

| | コメント (0)

いただきます、ごちそうさま

私は鈍感らしく、いろんなことをしみじみと後になって感じ入ることがあります。

先日ヤクランドでの踊りの会で会った、ブータンから留学しているという高校三年生とランチをご一緒したときのこと。

食べる前と食べた後、きちんと手を合わせて「いただきます」「ごちそうさま」と言っていました。

礼儀を重んじる国から来た留学生、日本の礼儀についてもちゃんと言われたとおりにしているのでしょう。彼に会ったのはもう1週間前のことなのだけど、食事のたびにそのことをしみじみと思い出しています。

日本の子どもたちにも、礼儀正しくすることの価値をもっとちゃんと伝えなくてはいけないのではないのかなぁと思います。

| | コメント (0)

川沿いをのぼる

お散歩大好き。実家の横を流れている川の川原をのぼっていきました。

途中の公園では母と妹たちとシーソーに乗ったり、ブランコに乗ったり。楽しかった。

南立石公園から別府駅までバスに乗り、油屋熊八さんの像の前で、熊八さんの格好を真似して写真をとり、トキワデパートでお買い物して帰ってきました。ローカルな話題・・・・・

実家といっても私はここに住んだことはないので、いろんな看板やお店も私にとっては珍しく、楽しかったなぁ。いい運動にもなりました♪

| | コメント (0)

はんこ作り

実家に帰ってきた。

空が広い。海も広い。空気がいい。ご飯が美味しい。温泉が気持ちいい。

いいろところだなぁ。

書道教室をしている母に、消しゴムではんこを作るという注文を受けた。

教室の生徒さんの作品に、「み」という名前の頭文字の雅印を作ってあげたいとのこと。

母は自分でやってみたけど・・・・・うまくできなかったよう。

私が彫ってあげました。うまくできたので、母の名前の頭文字「ま」を作る要請も受けました。

1.5cm四方くらいの消しゴム、鏡文字の「ま」と枠をマジックで書いて、白いところを彫る!

それを押した印が下の写真で~す。

081228_18410001_3

| | コメント (0)

年賀状完成

年賀状書きの一日でした。

ブータンの景色を載せた年賀状!

私のこの一年は、ブータン一色だったもの。

さぁて、来年はどんな年になるのかな。

| | コメント (0)

サンタがきた

サンタさんからのプレゼント、ウサギ好きの私の好みをおさえてる!!!

081225_21160001

| | コメント (0)

メリー・クリスマス

メリー・クリスマス 

081224_21540001 081224_22220001 081224_22050001

| | コメント (0)

クリスマスプレゼント

クリスマスプレゼント、いただきました。

とってもかわいいデザインのふきんと、リボンレイストラップ、ルピシアの「プチタミ」。

べリーとライチの香りの紅茶なのだそうです。おいしそう!

081224_09040001

| | コメント (0)

ガン カワ チャチャ

ヤクランドのクリスマス会。

「ガン カワ チャチャ」 というお歌を覚え、踊ってきました。

東京音頭と炭坑節も。

楽しかった☆

ブータンから留学してきているという高校生2人にも会えました♪

日本語も上手だし、賢そうで、将来有望の2人でした。

未来のブータンを担う若者たち、頼もしいです。

| | コメント (0)

お客さん、運がいいですね

携帯電話の電池がもたなくなって、様子がおかしいので、お店に持って行った。

ポイントで電池を替えてもらえるとのこと。その電池、19日まで欠品していたそう。

お兄さんに、

「お客さん、運がいいですね」

と言われた。ええ。私は運がいいのです。運がいいなぁと思うことはよく起こるのです。

ブータンに行けたのも、運が良かったからです。

私の境遇も、私の実力ではなくて運がいいから与えられています。

運を味方につけて、楽しく過ごそう。

| | コメント (0)

~白田良子の世界~

メキシコ在住遺跡修復家・古代染色研究家の白田良子さんの作品展示会をお友達に教えてもらって、横浜のJICA事務所へ行ってきました。日経マガジンの記事になっていて、それを送ってもらったのです。

メキシコに留学して、遺跡修復、天然染色に魅せられて、そのままメキシコに住み続け、現在79歳なのだそうです。

天然染色の研究と作品制作をしながら、メキシコの田舎にある一軒家で、犬七匹と暮らしていらっしゃるとのこと。

今回はご本人にはお会いすることができなかったけれど、お会いしてみたいな~。

「ほんとうは、天文学を学びたかったけれど、そのためには数学が必要で諦めたの」

とおっしゃっていたというのにも、私と同じだ~と思ったりしました。

コチニールの赤が印象的な作品が多かったように思います。赤はやはり目を惹きます。

081222_00000001

http://www.jica.go.jp/yokohama/event/index.html#a1211-01

http://www.mex-jpn-amigo.org/doc.id/48eac9f9

展示会を見た後、横浜に住んでいるお友達に連絡したら会えるとのことで、一緒にメキシカン料理をいただきました。そして、イルミネーションを眺めながら横浜駅までお散歩しました。いい一日でした☆

お友達にいただいたお土産。高野のマンゴーゼリーshine

081221_22330001

| | コメント (2)

ベッドサイドにマットを敷きました

いただきもののマットを敷きました。

インテリアのポイントになりました。

081220_15340001

| | コメント (0)

言霊というもの

迷信っぽいし、科学的ではないのだけれど、言霊ってある気がする。

言葉は大事に使わなくてはいけないと思っているのは、そういう気がするから。

ブータンにもまた行きたいのだけれど、私は最近「今度はラオスに行きたい」と言っていた。

ラオスでも、私の研究しているラック染料を使って染めているから。

今度はラオスに行けそうな気がしている。

| | コメント (0)

無執着

ブータンの東の果て、3泊お世話になったランジュン村のゲストハウスはお寺が経営していて、2人のかわいお坊さんがお食事から何から、いろいろとお世話をしてくれました。

シェラップさんとテンジンさん。

彼らのことを今でもよく思い出します。僧衣の上にエプロンをしている姿と笑顔が印象的。あそこでのご飯は本当においしかったなぁ。

お坊さんは私有財産をほとんど持たないとききました。寝泊りしているお部屋も見せてもらったのですが、本当に簡素な小屋でした。

でもいつも、ニコニコ、ニコニコ。

言葉はほとんど通じないのに何かが通じちゃう気がする人たちでした。

「無執着」っていう仏教の大きな教えを実践できれば、あんなふうになれるのかなぁ・・・・・

そんなことを考えたりします。無執着、無執着・・・・・

| | コメント (0)

千年紀―源氏物語の色

研究室を抜け出して、日本橋高島屋へ。

あの、レトロなエレベーターに乗って最上階の8階にのぼると、吉岡先生の作品が見えてきました。

081216_23530001

黄色から赤へ。

この季節の色を、天然染料で鮮やかに染めた絹の布がかけられています。

150年くらい前、合成染料が開発されたずっと前、平安時代にも、天然染料でこうして鮮やかに染められた布を纏っておしゃれをしていたのですね。雅な日本人は。

源氏物語の色を再現された作品たちがずらりと並び、圧巻でした。

きれいだったなぁ。うっとりしながら源氏物語に出てくるお姫様たちを思いました☆

| | コメント (0)

ヘナを綿に染めるという論文

ヘナを綿に染めるという英語論文を読んでいます。

ヘナって白髪染め用の天然色素として有名ですが、綿にも染まるのですねぇ。

がんばって読みます。

| | コメント (0)

うれしいお返事

先日、ブータンの染織の展示会に行ったのですが、その主催者の方宛にお手紙を書き、ブータンレポートを同封してギャラリーの方に送っていただいたら、お返事をいただきました♪

その方がブータンに行ったのは1965年とのこと。旦那様と3か月かけて歩いた道が懐かしいとのことでした♪あの道をずーっと歩いて行くなんて想像を絶するなぁ・・・・・

とってもうれしいお便りでした☆

| | コメント (0)

ブータンのお歌の歌詞とテープが届いた♪

うれしいな~。ゾンカ語の勉強がてら覚えるぞ!

ヤクランドのクリスマス会で、ブータンの歌と踊り、東京音頭を覚える会の予習用です♪

http://www.yakland.jp/benkyokai/be-event-monbel.htm

楽しみです。

今日は、いろんなご馳走をいただきながら、お友達にブータンや虫由来染料のお話しをいっぱい聴いてもらいました。楽しんでもらえたようで嬉しかった☆

| | コメント (0)

井の頭公園にて ケーキを食べてふれあいコーナーへ

井の頭公園に行ってきました☆

レピキュリアンのケーキをテイクアウトして池のほとりでいただきました。

左:マルジョレーヌ、右:サルバドール

081213_13130001 081213_13130002

おいしかったなぁ・・・・・

そして、自然文化園のモルモットふれあいコーナーへ。

Img_4710Img_4713 Img_4715

かわいかった~happy01heart04

| | コメント (0)

研究とブータンについてのお話し会

昨日、ダルマさんの有名な街で、女子高生たち(59人)にお話ししてきました。

大学の宣伝と、「虫由来の天然染料の研究」ということについてと、「ブータン」について。

みんな興味津々で熱心に聴いてくれて、話しているこちらも楽しくなりました。

最後は、希望者にブータンの民族衣装キラを着てもらって、喜んでもらいました。

みんなとても賢そうで素直そうでステキな女子高生たちでした☆

お土産にカラフルなダルマさんとこんにゃく餅という和菓子を買ってきました。

ブータンについてまたたくさんの人に知ってもらえて嬉しく楽しい一日でした。

081212_00110001

| | コメント (0)

チョコラーテというカステラ♪

長崎の老舗松翁軒のチョコラーテというカステラを、母が送ってくれました。

しっとりしていて、おいしかった♪

http://www.shooken.com/syohin/chocolate.htm

081210_21410001

| | コメント (0)

衝撃!みーちゃんだと思っていたのは「びんぼう」だった・・・

みーちゃん、という名前で紹介していたネコは、実は「びんぼう」という名の雄猫でした。

「大学猫のキャンパスライフ」に載っているのを確認すると、そうなのです。

枯れ葉の中のびんぼうちゃん。寒そうでしょ。今日はいっぱいなでてあげました。

081210_15130001_2

| | コメント (0)

クリスマスが近づいて

クリスマスが近づいて思い出すこと。

クリスマスツリーについての思い出。

母はクリスマスツリーをなかなか買ってくれなかった。

最初は模造紙に色紙を張って2次元のクリスマスツリー。

次は、緑の紙で大きな三角錐を作って棒にかぶせ、ようやく3次元に。

そのあとは、私の誕生のときにいただいたという、ゴムの木をクリスマスツリーに見立てて飾り付け。

プラスチックのツリーもどきは買ってもらえないままだった。

そして6歳の時やっと本物のもみの木のクリスマスツリーを買ってもらった。嬉しかった。

でも、7歳の春、引越しの荷物に積みきれなくて、クリスマスツリーとはお別れをした。

この季節になると、そんなことを思い出す。

待つことができること。

「ほんもの」であること。

そういうことが大事だと母は私たちに伝えたかったのかなぁ。

子どもに我慢させずに与えてしまう方がある意味楽かもしれない。

でも、そうしなかった母の子育て。それが今の私をつくっている。

| | コメント (0)

ミントティー

ミントティーをいれて飲みました。

すっきり。

ミント、育てようかな。

| | コメント (0)

妹のお誕生日会

上の妹のお誕生日会をした。

三姉妹集合。といっても、場所はおうち。

メニューは和風で地味目ですが・・・・・。

・烏賊大根

・鶏手羽ごぼうとにんじんの酢醤油煮

・ホタテ大根サラダ

・白菜リンゴサラダ

・お赤飯

・白菜ミルクスープ

以上。ヘルシーメニュー、腕をふるいました。

白菜や大根、旬のお野菜をいっぱい食べられました♪

食後のデザートは下記三点。

・一番下の妹が淹れてくれたカプチーノ(・u・)顔つき

・私の焼いたチーズケーキ

・イチゴ(紅ほっぺ)

お腹いっぱいでしたhappy01

Img_4696

| | コメント (2)

京やきぐりをいただきました

ほくほくおいしい栗でした。

http://www.kyo-yakiguri.com/

| | コメント (0)

引退した盲導犬のためのクリスマスコンサート

ブータンへご一緒した方にお誘いを受け、引退した盲導犬のためのクリスマスコンサートに行ってきました。最新エレクトーンの演奏、お誘いくださった方の弟さんの司会&独唱、ピアノの独奏でブルグミュラーから何曲かとエリーゼのために、ピアノ、ヴァイオリン、チェロの合奏でクリスマスの曲、とっても楽しいコンサートでした。

一応、ソナチネまでピアノを習っていた私。ブルグミュラーの最後の曲、「貴夫人の乗馬」発表会で弾いたっけな。懐かしかった。ブルグミュラーをピアニストが弾くとこうなるのね~というのがわかりました。「エリーゼのために」も、音楽室に忍び込んで弾いていた記憶が蘇りました。懐かしかった。

チケット代は、引退した盲導犬のお食事代になるそうです。責任を終えた盲導犬さんたちが、のんびり老後を暮らしてもらえたらいいなと思いました。

後援の「にんべん」さんから、かつおおかかふりかけと、めんつゆをいただいてきました。

おいしそう。大事にいただきます~。

| | コメント (0)

ほんとうのことが知りたいから

読売ウィークリー最終号、脳科学者の茂木先生に寄せた文章を読んでいて、

「茂木先生は『ほんとうのことが知りたいから』脳科学者をしていると言っていた」

というような内容のことが書いてあった。

研究者は、どんな分野でも、ほんとうのことが知りたい、という気持ちでい続けないといけないのだと思った。

なれるかどうかは分からないけど、立場としては研究者の卵ということになっている者としては、この言葉は深いなと思った。

何がほんとうで、何がほんとうじゃないのか。難しい問いだなぁ。

| | コメント (0)

プレゼントを選ぶのは楽しい

今日は早めに大学を出て新宿でお買い物しました。こんなの、久しぶり。

買ってきたものは、人にあげるものばかり。プレゼントを選ぶのは楽しい。

どうせなら、喜んでもらえるものを選びたいな。

年末は贈り物を交わす時期、寄付を募る時期。

自分には必要ないものを寄付して、必要な人に使ってもらうという贈り物もあるけど。

自分にとって大事と思うものを心をこめて差し出せるプレゼントができる人になりたい。

| | コメント (0)

シャクナゲのカレンダー

ブータンへの旅行にご一緒した方、実は画家でいらして、毎月ご自分で描かれたお花の絵とカレンダーの印刷されたハガキを送ってくださるのです。

お花は、ブータンに咲くものなのですが、最近はシャクナゲが多いです。私たちがブータンに行ったとき、たくさんの大木に咲くシャクナゲを見てきました。そのお花の絵です。

12月は赤のシャクナゲ。赤のお花と緑の葉っぱの対比が似合う季節ですものね。

この一か月、赤のシャクナゲを見ながらまたブータンへの思いを募らせま~す。

| | コメント (2)

自分で責任とれるなら何をやってもいい

スマップの中居くん、「情熱大陸」に出ていました。

お父様が出ていて、

「自分で責任とれるなら何をやってもいい」

と言って中居くんを育てたという話が出ていました。

子どもを育てるとき、「あれをしたらダメ、これをしたらダメ」と言いがちだけど、その成長段階で、本人が責任とれるなら、何をやってもいいのだと思う。もちろん、「責任」という言葉の重さと意味がわかる子どもではなければいけないけど。

私はいまだに、責任をとるということの意味については、考えさせられる。

ニュースで「責任をとって辞任します!」という言葉を聞くことがあるけど、責任ってそういうことでとれるのかな・・・・・とか。まだまだ勉強しなくてはいけないな。

| | コメント (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »