« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »

2009年10月

ダライ・ラマ法王さまの法話

両国国技館で、ダライ・ラマ法王さまの法話をきいてきました。

パン教室の先生となぜか法王さまの話になり、もうすぐ来日するのですよと言ったら、じゃぁ一緒にお話聞きに行こうということになりました。

お坊さん集団、韓国人の方々、チベット人の方々・・・いろいろな人がいました。

法王さまは入場してすぐタンカに向かって五体投地をされていました。

そして、 みんなで般若心経を唱えてから法話に入りました。

私にはちょっと難しい仏教用語も多くて不勉強を悔みましたが、法王さまを生で見ることができて、オーラを直に感じることができて、行ってよかったです。

質問コーナーというのがあって、たくさんの人が質問していました。

最後に、若い女性が、

「私は自信がありません。自分を好きにもなりたいです。法王さまは自分が好きですか?」

と質問していました。

私は、あの場でその質問ができるほど自信がないことに自信があるのか~、などと思ってしまいましたが、それに対して法王さまは、利他を行うには自分に自信を持ち自分を大切にすることが大事だというようなことをおっしゃっていました。

本当にそれはそうなのだよな~と感じました。

最後に、知花くららさん、善光寺の和尚さん、壇れいさんが花束贈呈して、カタをかけていただいていました。知花さん、壇さん、きれいだったな~。

| | コメント (0)

ナッツボン最後の一つ

生協に行ったら、ナッツボンは最後の一つだった。

人気なのだ!きっと次も入荷してくれるよね~。

091030_23080001

今日は大学院に一緒に入学して去年学位をとったお友達とお食事した。

注文するのを忘れるほど会った瞬間からしゃべりとおしだった。

共感できるお友達というのは貴重だ。

彼女も私も、来年はどうしているかね~と話した。

希望を持って明日へ向かおう。

| | コメント (0)

おしゃれなナッツボン

1月19日のブログに、大分で久しぶりにナッツボンを見つけて買ってきて食べたと書いた。

http://yukiusa.moe-nifty.com/blog/2009/01/post-feb3.html

私の家の近所では見かけたことなかった。

今日、大学生協の飴売り場を通ってふと見ると新製品がおいてあった。

おいしそうなパッケージだなと思いながらよく見ると・・・

091028_13230001

ナッツボンではないか!

「Nutbon Tasty Butter & Salt」って書いてある。

即購入。

個包装、元祖ナッツボンは茶色の透明フィルムだったけど、これは黄色のフィルム。

それを開けて食べてみると、ちょっと塩味がするナッツボンだった。これもおいしい。

それにしても驚いた。

ナッツボンがこんなにおしゃれに変身しているとは!

妹に、また買ってきてとリクエストを受けた。

明日もまた買おうっと。

でも、あの共食いの絵がなくなっているのはちょっとさみしいぞ。

元祖ナッツボンもあるところにはあるのかな~。

| | コメント (0)

防災訓練

大学で防災訓練があった。

地震体験車に乗った。阪神淡路大震災の揺れと関東大震災の揺れ、震度7を体験した。

地面があんなに揺れたらそれは建物も壊れるし大きな被害が出るだろう・・・

最近あった東ブータンやサモアでの大地震も、同じくらいの揺れだったのかなと思った。

地震の直後だけニュースになったけど、地震の後、その地域の人々の生活が元に戻るまでを見守らなくてはいけないと思う。

| | コメント (0)

きたきた・・・

インフルエンザが私のいる大学にも広がりはじめたみたい。

1割以上の学生がインフルエンザに罹っている学科の学年は登校停止で、2学年該当する学科が出た。体育会系の学科だから余計に広がるのが早かったのだな。小さな大学だけど、その学科の教室とかがあるのは学内でも遠くだ。

そうは言っても、気をつけなくては。

| | コメント (0)

ポチ

妹との共同生活、何年目になるだろう。

毎月、共同財布にお金を入れる。共同財布には名前が付いている。

「ポチ」

である。

犬が飼いたいけど飼えないので、お財布の名前を犬っぽくポチにしてみた。

「そろそろ、ポチにお金を入れるころだね~」

とか、

「今月ポチが苦しい・・・」

というように使う。妹とだけ通じる共通語である。

妹とだけ通じる共通語は他にもある。

妹の上司のニックネームとか・・・・・・これは書かないけど。

本屋さんで立ち読みをしていたら、仕事を楽しくする方法みたいな啓発本に

「嫌いな上司にはあだ名をつけたらいい」

みたいなことが書いてあって、そんなの言われなくてもしてるよね~と妹と話したな。

仲のいい人と、その人とだけ通じる共通語をつくると、さらに仲良くなれるような気がする。

| | コメント (0)

変化すること

昨日は、私の占いに対する態度の変化について書いてみた。

思い返せば、これまで生きてきた中で、いろいろ変化したなと思う。

もともと、犬好きで猫は苦手だった(猫の毛アレルギーでもあった)のに、こんなにびんぼうを追いかけるほど猫も好きになるとは。これも一つの変化。

高校生の時は真夜中勉強しているとき、突然恐怖を感じたりしていたけど、今は真夜中に起きててもそんなことなくなった。

幼稚園のときは「自転車とか無機質なモノにも気持ちがある」と信じていた。そういうアニミズム的感覚も全く消えてしまったわけではないのだけどあの時ほど持ってはいない。

成長するということは、虫が脱皮して形が変わるように、変化するということだ。

成長したいと思うなら変化を恐れないことが大事だ。

過去に執着してはいけない。チベット仏教の「無執着」という教えはそういうことも含むのかな。

変化を恐れずにまだまだ成長したいなぁと思った。

あ、もう、背が伸びるとか体重が増えるとかいうのは勘弁だけど・・・・。心配しなくても、もう背は伸びないな。体重は・・・気をつけなくては。

| | コメント (0)

占いを信じるか?

女の子って占いが好きな人が多い。「占いって当たるよね~」と言われて、「ふーん、そうなんだ~」と言いつつ話を発展させられずに終わることが多かった。

だって本心では占いって胡散臭いなぁと思ってきたし、一応理系で科学好きだったから、占いって科学的じゃないよね・・・という態度でいた。「当たるも八卦当たらぬも八卦」という言葉の方を信じていた。

でも、ブータンではいろんなことを占いで決めるってきいて、占いにもちょっと興味を持つようになった。さらに、妹のお友達が家に来た時、占いができるという人がいて占ってもらった結果が当たっていた気がして、「占いなんて・・・」という態度はちょっと改めることにした。科学を万能と思ってしまうことにも疑問を持つようになった。

お金を出して占ってもらおうとまではいかないけど、たま~にやってみるのがエキサイトの無料タロット占い。

http://woman.excite.co.jp/fortune/tarot/

さっきやってみた結果、ちょっと信じてみようかな~と思うので、コピペしておこうと思う。株に投資はしないけど。

女帝・正位置

今のあなたのビジネス運 

これまで着実に種を蒔いてきた人にとっては、実りの時期が訪れたようです。今は新しい何かを開始するというよりも、これまでの努力の成果を収穫するという態度で仕事に臨みましょう。夢や可能性が、徐々に具体的な形になりつつあります。異例の大抜擢を受けたり、昇進の報せを受け取るかも知れません。直感の冴えている時期ですから、ピンと来る投資先の株を買うのも吉。分野としては美容、装飾、ファッション関係、エステティック、芸術関係、園芸や農業、ペット、アウトドア、産科・婦人科に関する業種などが良いようです。転職を考えている人は、誘惑に負けそうな時ですが、むしろ今の職場でベストを尽くして吉。

占いに頼り過ぎてもいけないと思うし、科学を軽んじるつもりもない。

バランスが大事ということだな。

| | コメント (2)

葉っぱじゃないよ

葉っぱじゃないよ。虫だよ。

091023_13240001

図書館に行く途中、タイル張りの階段のところに張り付いていた虫を発見。

葉っぱそっくりでおもしろい。

触りたくはないけど、興味深くてしばらく眺めた。

この虫、葉っぱそっくりになろうという意思をもっていたのではないのだよね?

不思議だなぁ。

そして、図書館へ。

今日のびんぼうもかわいかった。前足に注目。

091023_13460001 091023_13460002

今週は毎日びんぼう観察をしてここに報告してしまったcat

| | コメント (0)

びんぼう日記

このところ、ブータン大好き日記ではなく、びんぼう日記と化している。

だって、パソコンばかりに向かっていると煮詰まるから、気分転換に1日1回はいろんな新聞読みに行くというという表向きの理由で図書館に行く。図書館の前にはびんぼうがいる。今日は会えるかな、どんな格好しているかな、と思いながら図書館に向かう。ケータイのカメラで写真を撮る。図書館に行く理由、本当は新聞じゃなくてびんぼうだ。

今日のびんぼうは後ろ姿。

091022_11070001

図書館工事中だから、赤いコーンの間にいた。

工事しているところには近づいちゃだめだよ。怪我しないように。

| | コメント (0)

耳の影くっきり

今日のびんぼう。耳の影がくっきり。

091021_13280001

私が図書館から出るときは、寝てた。

091021_13390001

無防備だ。

| | コメント (0)

新米が届く

九州の両親から大きな小包が届く。

上の段を開けると・・・

091020_21430001

まず見えたのは大きな梨。間に、サトイモ、サツマイモ、ショウガ、かぼす、ソーセージ、ニンニク、煮干し半袋、キッチンクリーナーが入っていた。

ニンニク3つ、こんなの東京のスーパーには置いてない。

091020_21460001

そして、下の段を開けると・・・

091020_21510001

まず目に入るのはトキハデパートのヒマワリの袋。ここに新米が入っていた。それから、玉ねぎととんこつ味のインスタントラーメン。

伯父と伯母が育てた稲、稲刈りが済んだばかりのお米。お水少な目で炊いて、いただこう。

楽しみ。ありがたいことです。

そして今日のびんぼう。

091020_13380001091020_13380002

今日は起きていた。

| | コメント (0)

空からの落とし物

今日、銀杏並木の下を大きく手を振って歩いていたら、手の甲にポタっと何かが落ちてきた・・・

091019_13150001

上を見上げたけど誰の仕業か分からない。

絵本「うんちしたのはだれよ!」を思い出す。

「小鳥かな。おっきな虫かな。」とまず思った。

そして、次に、こういうとき、

「うわーやだー、さいあく~wobbly

と思う人、

「あ、服につかなくてよかった~。洗えばすぐ落ちるしcoldsweats01

と思う人、

「あはは、運がついてくるってことかなbleah

と思える人、

いろいろいるかな、なんて考えてみた。

客観的には同じ事実も、捉え方によってかわるものだ。

今日のびんぼうは寝てた。

091019_13210002

| | コメント (0)

研究室のみんなとイタリアン

研究室のみんなと、今年の卒業生3人と、イタリアンを食べに行った。

卒業生は、今はそれぞれの場所で活躍している様子だった。

来年、私に活躍できる場所はあるだろうか・・・・・

それを考えるより、今目の前のしなくてはいけないことを片づけなくてはいけない。

| | コメント (0)

バゲット

今日はパン教室の日。

バゲットでした。

一つはコッペパンになりました・・・・・

でも、おいしく出来上がりました☆

091017_14180001

| | コメント (0)

インドで仏教が広がりつつある

インドで仏教が広がりつつあるという朝日新聞の記事を読んだ。

不可触民というカーストの底辺層の人たちが、ヒンドゥー教から仏教に改宗するという波が広がっているとのこと。

その最高指導者は日本人のおじいちゃまなんだって。

彼のことについては「破天」という本に詳しく書かれているそう。

ちょっと読んでみたくなった。

| | コメント (0)

名字について

夫婦別姓が再び話題になっている。

高校の教員をしていたとき、「今の法律で夫婦別姓にできる。○か×か?」といって手を上げさせると、○と答える生徒が意外と多かったのだよな~。今のところ、通称としては使えるけど、戸籍上は結婚したらどっちかの名字に統一しなくちゃいけないんだよって教えると、へぇ~って言ってたなぁ。

名字があることが当たり前の日本に育った私、ブータンでは、名字が存在しないと知ってびっくりした。

「アヒルと鴨のコインロッカー」に出てきたキンレイ・ドルジくん、キンレイもドルジも名字ではないのだ。そのまま、彼のパーソナルネームであるということ。

親でも兄弟姉妹でも、全く違う名前だったり、たまたま同じ部分があったりするそうだ。名前は親がつけるのでなく、お坊さんがつけてくれるのだって。

サンゲイさん(お釈迦様という意味らしい)とか、タシさん(吉祥という意味らしい)という名前の人はたくさんいるそう。そして、この名前から性別を推測することはできないんだって。男女とも、サンゲイさんという名前の人もタシさんという名前の人もいるそう。

やっぱりブータンって面白い。

| | コメント (0)

強気でね!

大学院生活のことはあまりここには書いていないけれど。

私の指導教授は今年で退職だし、私の貯金も底をつくので、大学院を修了しようと修了できなかろうと、私の学生生活は今年いっぱいで終わりだ。

修了するには所定の要件(学術雑誌への投稿論文が掲載されること)と、学位論文を書くことと、審査を数回通過することが必要になる。そのことについて、先生が帰る前に少しお話しした。

先生は帰り際、声を大きくして「強気でね!」とおっしゃった。

修了しようという意思を持って強気でいなさいとのお達しだ。

私は生まれてこの方、強気でいられた時期はあまりない。

でも、全く無くもない。

まずは、強気の自分を思い出してみることにしよう。

| | コメント (0)

リアル・クローズ

テレビはほとんど見ないんだけど・・・

「リアル・クローズ」というドラマの初回を見ちゃった。

主人公の香里奈ちゃんがパリで自転車に乗って観光しているシーンで始まった。

私がパリを一人旅したのはいつだっけ。もうずいぶん昔になった。

自転車ツアーに参加したなと思い出す。

ギャラリエ・ラファイエットってデパートにも行ったなと。

あぁ、また行きたくなった。

そのパリで、ブータン展やってるんだって。いいな~。

http://blog.goo.ne.jp/yakyakyak/e/760818551b1185a775532843320dfb6f

| | コメント (0)

豆カレー

豆カレーを作った。

カレーを作ると、しばらくカレーが続く。

明日はカレーうどんだな~。

| | コメント (0)

金木犀の香り

今年も金木犀の香る季節になった。

大学本館前にも、南門のところにも、大きな金木犀がある。

香りは大学いっぱいに広がっている。

091009_09370001

この2つの金木犀の香りをかげるのは今年が最後かな。

来年、私がいる場所にも、金木犀はあるかなぁ。

| | コメント (0)

群林堂の豆大福

群林堂の豆大福を食べた。

http://www.wagashi.or.jp/tokyo/shop/1002.htm

お豆がごろごろ入っていて、おもちふわふわでおいしいのだ。

30分くらい並んで買ってきてくださった。

大人気の豆大福。

思いがけず久しぶりにいただけて嬉しかった。

| | コメント (0)

光の正体

中学生時代、理科の先生の影響で、科学、特に宇宙論に興味をもっていた私。

遠くの星から届く光、太陽の光、蛍光灯の光・・・・・

光が当たって、それが反射して私の目に届くからこそ、私はモノが見えるのだ。

では、光って何?

「ちっちゃなちっちゃな粒粒だったら、太陽から降り注ぐ光は、どんなにちっちゃい粒でも地球上とか目の中にたまらないのだろうか?

と本気で心配した子どもの頃。

「光と同じ速さで走ったら光はどう見えるか?」

という質問に、物理を勉強したら答えが分かるのだと知って無謀にも物理学者を目指して物理を選択した高校時代。

「光とは、波であり粒子である」

という物理の先生の言葉と「波であるといえる理由」の証明に、感動した高校2年生。

力学、波動までは面白かったけれど、電磁気学で物理に挫折した高校3年生。

ふと気付くと、得意だと思っていた理系科目も、文理に分かれると、理系の中以下であるという現実にも気付いたのだった。

私の頭じゃ、物理を理解するのは無理ということが分かり、光の正体や宇宙の果てのことが分からなくても、目の前の日々の生活(衣食住)を楽しむ方が大事じゃないって思って、生活科学部に進学したのだったなぁ。そして家庭科の先生になったけど、また大学院に戻ってきた。

就職活動をしながら、そんな私の経歴をふりかえる。

でも、今でもやっぱり、光の正体には興味がある。

| | コメント (2)

唐辛子の鉢

台風直撃だった。

教員時代のことを思い出して、今日、調理実習の予定になっていたりしたら大変なんだよな~とか想像する。

今、学生の私には何の責任も義務もないから雨がやんでからゆっくり大学へ向かった。

大学は一日休講で食堂もすいていた。

こういう日は、ディズニーランドがすいてていいだろうなとか思ったりした。

京葉線はこういうとき1番に止まるから、バスで行くといいだろうとか具体的に考える。

学部の学生だったら、行ってたかもとか思う。被害を受けた方もいて不謹慎だけど。

昨日の夜、風で飛ばされないように、ベランダの唐辛子の鉢を家の中に入れておいた。

唐辛子、今、6個くらいちっちゃな実が付いている。

また、ブータンもどき料理が作れるかな。

| | コメント (0)

牛のエクレア

昨日の「ル・ポミエ」のサイトは↓

http://www.lepommier-patisserie.com/

あ、このページ、音が出るので仕事中の人は要注意。

このお店には、牛と犬の形のエクレアがあるのです♪

結構なボリューム、大きなエクレアですが、かわいい~。

見たい人は上記ページの「ITEM」をクリック!

牛は干支にちなんでとのこと。

来年は虎になるのかな。牛のうちにもう一度行かないと!

| | コメント (0)

ル・ポミエ

先週末、パティシエ フレデリック・マドレーヌさんのパティスリー「ポミエ」麻布十番店に妹と行ってきました。

091003_17080001

私がいただいたのはチョコレートいっぱいのケーキ、ピエモン☆

091003_16290001

妹のはイチジクのケーキ、ママミーヤ☆

091003_16300001

パティシエ本人に「ダイジョウブですか?」と声をかけられた♪

「美味しいで~す」と答えてきました。

また行きたい。

| | コメント (0)

一目ぼれ

091006_00400001

一目ぼれして、衝動買いしました。

小黒三郎さんの組み木。

http://www.u-plan.jp/

| | コメント (0)

生きるのに必要なこと

今日行ったブータン関係お勉強会の帰り。

一緒に参加された方が、ふと

「生きるのに必要なのは何よりも適応力だね」

とおっしゃいました。

ふーむ。父が転勤族だったので、幼いころから引っ越しのたびに何度も新しい環境に適応することが求められましたが、私には適応力は身につかなかったなぁと感じます。

幼稚園から小学校にあがるときに引っ越し、お友達が一人もいない中で、入学したわけですが、周囲になじめず、それが原因でトイレが近くなりました。1限分机に向かっていられなくて、席を一番後ろの出入り口から一番近いところにしていただいて、授業中先生に目で合図するだけでトイレに行ってもいいようにしていただきました。あれも、適応できなかったことの表れだったのだろうなと思います。

中学生の時は、土地柄になじめず、一人も友達ができず、いじめられはしなかったけど孤立していた時期もあったなぁと思い出します。

適応する力というのはどうしたら身につけられるものなのかなぁと考えました。

来年は今いるところではないところにいるはずですが、適応できるかなぁ。

| | コメント (2)

麻布のクラブ

麻布のクラブに行ってきた。

妹がヒップホップを踊っていて、イベントがあるので来てほしいとのことで。

狭い所にいっぱい人がいて、重低音が鳴り響いていた。

妹ははつらつと、本当に楽しそうに、生き生きと踊っていた。

いいねぇ、本当に好きなことがあって。

帰りに見上げた空には十五夜の満月が浮かんでいた。

満ちている月。欠けていない月。でも、明日からまた欠け始めるのだなぁと思う。

世界は日々変化している。

| | コメント (0)

元気だったのね♪

久しぶりにびんぼうちゃんに会った。

最近図書館の横にいないから心配していました。

元気だったのね♪よかった。

091001_15520002

| | コメント (0)

都民の日

都民の日だ。

教員をしていたときはお休みだったな。

今日はその教員在職中にお世話になった先生のお通夜。

92歳だったから天寿を全うされたのだと思うけれどやっぱり寂しい。

採用面接のときのことから、いろいろなことを思い出すなぁ・・・・・

ご冥福をお祈りします。

そんな今日、いろんな意味でびっくりするほど自分にぴったりの求人を見つけた。

これも何かのご縁かな・・・・・

| | コメント (0)

« 2009年9月 | トップページ | 2009年11月 »