« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010年7月

龍のTシャツ

先日の東京出張の時、VIVIENNE TAMで龍の絵柄が入ったTシャツを買ってきた。
龍デビュー。
VIVIENNE TAMは前から好きだったけど、高いからそんなに頻繁には買えなかった。
http://viviennetam.com/

花や蝶、龍の柄のアジアンテイストなお洋服が多い。
これまで、花柄ワンピースとお花の刺繍のTシャツを買って愛用していた。
龍柄はハードな感じで私が買うことはないだろうなと思っていた。
龍の服っていうと、スカジャンとか中学時代のヤンキーさんを思い出すし。

でも、龍はブータンの国旗にも載ってるし、ブータンは雷龍の国というくらいだから、龍モチーフのものはブータンに通じるのだよな〜ということで、龍柄に対するイメージが変わっていた。
そんなところに、VIVIENNE TAMのお店で墨絵みたいな龍の絵がプリントされたTシャツを見つけて気に入っちゃった。

今日もそのTシャツを着ています☆そんなことでブータンと通じている気持ちになれちゃう。
単純だなぁ。

そのTシャツ↓
Img_0363


| | コメント (3)

似ていること、異なること

自分に似ている人を見つけると、共通点が多くて親しみがわくことも多い。
自分とは異なる容姿、信条、考え方や感じ方を持っている人に出会うと、新鮮なオドロキがあり魅力を感じる場合もある。

似ていることと異なるところのバランスが絶妙な相手に出会うと仲良くなりたくなる。

ブータン人の容姿は日本人に似ていて、ハニカミがあるところなんかも似ている感じがするけれど、ブータン人は日本人とは違うなと思うこともいっぱいある。死生観とか宗教観とか。暮らしている自然環境とか。

ブータンの人と私、似ていることと異なるところのバランスが絶妙なのだろうな〜。
ま、こうやってブータン人ひとくくりに書いているけれど、日本人にもいろんな人がいるように、ブータン人にもいろいろな人がいるのだろうけどね。

でも、人間関係、自分に似ているからこそ相手が嫌になったり、自分とは異なるからこそ相容れないという場合もある。
その差はどこからくるのだろうな。

| | コメント (0)

朝タクシー

朝、今日は特に遅刻してはいけない仕事があって、間に合うように余裕を持って家を出た。
でも、駅に着いたら「その電車は運休です」って言われてしまった。
あちゃー。その後の電車も本当に時間通り運行されるか怪しいし、タクシーに乗ることにした。
2300円なり。はぁ。でも、間に合ってよかった。
今度から、間に合う電車の3本前の電車で行かなくちゃいけないということだな〜ということがわかった。

| | コメント (0)

しそジュース

母が作ってくれたしそジュースを飲んでいる。
牛乳と混ぜて、しそミルクにしたりする。
飲むと元気になる。
お盆休みまでもうちょっとがんばろう。

| | コメント (0)

帽子のプレゼント

もうすぐ、父の誕生日なので、東京で妹と選んで買って来た帽子をプレゼントに買って来た。
キャップしかかぶらない父にインディージョーンズに出てくる人がかぶってるみたいなハットをかぶってもらってみた。フランス製だって。最初は、きざなオヤジと思われないかなぁとかつぶやいていたけど、かぶったままパソコンの将棋してたりして、まんざらでもなさそう。愛用してくれるといいな~。

| | コメント (0)

CICADA

昨日は広尾のレストラン、CICADAでランチしてきた。

http://www.tyharborbrewing.co.jp/restaurants/cicada.html

広尾の駅から、妹の通った高校の前の道を通った。改装された近代的な校舎に驚く。共学にして、名前も変わって、妹がいた頃とは全く違う学校になってしまっていた。

そして、雅子妃殿下の通われていた美容室の近くまで歩くと、右手にCICADAというレストランがある。
タジン鍋、おいしかった。お腹がいっぱいになった。

デザートにヴァローナのチョコをふんだんに使ったチョコレートアイスとチョコレートケーキをいただいた。チョコ中毒の私は、いつもチョコを大量摂取してしまうのだけど、おいしいチョコをたくさん食べたからしばらくはコンビニチョコはいらないなと思えるようになった。

やっぱり美味しいものを食べるのはいいね〜。

Img_0361

| | コメント (2)

別府でも花火

大分に戻ってきたら別府でも花火やってた。

空港から大分に戻るまでのバスから見えてよかった!

今回の出張も慌ただしかったな。

東京に着いたとき、「帰ってきた」という気分になるのだよなぁと改めて感じた出張だった。

| | コメント (0)

花火の音

花火の音が聞こえる。
夏だな~。

| | コメント (0)

プランタン銀座でフラ

プランタン銀座で妹がフラ踊るの見てきた。
とっても狭いスペースでだったけど、楽しそうに踊ってた。
久しぶりに妹が踊ってるのを見られてよかった。

| | コメント (0)

田んぼの稲

田んぼの稲がずいぶん伸びた。
通勤で乗る電車の車窓から見える田んぼが青々している。
稲が伸びる間、私はこちらでの生活にすっかり慣れたな〜。

| | コメント (0)

久保田利伸さん

NHKで久保田利伸さんの番組やってた。
懐かしかった。
持ってるものを捨てなくちゃ、新しいものをつかむことはできないのだよな~。改めてそのことを思った。

母にもらったゴールデンキウイ食べながらこの番組みたのだけど、甘くてとってもおいしかったぁー。

| | コメント (0)

勘がいい

太極拳の先生に、勘がいいと褒められた。
全然覚えられないんだけど、とりあえず先生のまねをしているだけ。
上手な人たちの間にいて、周りの人をまねしながら身体を動かすのは面白い。
扇や剣を使うバージョンも一緒にやらせてもらっている。
結構楽しい。
続けてみよう。

| | コメント (0)

あくまき美味しかった

実家であくまき食べた。
美味しかった。

母が、きな粉つけて食べるんだよ~と言って、そうやって食べた。父も美味しそうに食べていた。美味しかったな~。

| | コメント (0)

鹿児島観光

出張ついでに鹿児島観光してきました。
長島美術館に行ってきました♪
http://www.ngp.jp/nagashima-museum/

期待以上にとっても素敵なところでした☆鹿児島中央駅から車で5分というから、街中にあるのかと思っていたのだけど、見晴らしのよい高台の上にあって、桜島を一望できるところにありました。そこからの景色がまず素敵でした。
「ハンス・フィッシャーの世界展」っていう特別企画展をやっていて、それを堪能!
独特の繊細なペン画で、動物たちがたくさん描かれている絵本の原画がたくさん展示されていました!
絵本の文章も展示されていて、絵本の内容もプププッと吹き出すところがあるくらいおもしろくって、楽しかったなぁ。ユーモアって必要だよね。
そして、常設展へ。黒田清輝や東郷青児といった鹿児島出身の画家の絵や、ピカソ、シャガール、ルノワールなどの著名な芸術家の作品もありました。その上、白薩摩の豪華絢爛な焼き物、黒薩摩の趣のある焼き物も展示されており、さらに、ペルーの染織物やコロンビア、コスタリカ、エクアドルなどの装飾品が置かれていたりして、見応えありました。

併設カフェで、桜島を眺めつつ、「ぴっちと楽しむ夏のデザート」を食べながら、行きのタクシーの運転手さんに連絡を取り、来てもらうのを待ちました。

そこから、大島紬のアンテナショップまで乗せてもらうようにお願いしていろいろおしゃべりしていたら、ちょっと遠回りして西郷さんと小松帯刀の像を見せてもらって、観光案内してくれました。最後、「人生を楽しんでね!」と言われ、「またどこかでお会いできたら」、とお別れしました。感じの良い運転手さんでした。

大島紬のアンテナショップでは、素敵な紬にため息。ハギレを買いました♪何を作ろうかな。
うふふふふ。

あくまきもかるかんも買ったし、黒豚も食べたし、満足満腹!

充実した1日でした。鹿児島、また行きたいな〜。灰は降るけど・・・・・

| | コメント (0)

桜島の灰

出張で鹿児島に来ています。
空の青さも違った気がしました。

桜島の火山灰が降っています。目に入るし、口にも…
きゃー、灰が降ってるっておしゃべりしたあと口を閉じたらジャリって音が…

洗濯物を外に干せないんだって。
ひょえ~。おふとんも干せないよなぁ。
びっくり~。

| | コメント (0)

ひとくぎり

お仕事が忙しい時期が今日でひとくぎりついた。
とにかく、緊張感が解ける。
明日の出張とか、来週もいろいろとお仕事はあるけれど。ぼつぼつがんばろうっと。

そろそろ梅雨もあけるかな。
それにしても、たくさん雨が降ったなぁ。
大雨で災害に遭われた方のインタビューを聞いていると胸が痛む。
自然を前に、人間は無力だなぁと思う・・・
これ以上被害が拡大しませんように。

| | コメント (0)

ショクダイオオコンニャク

小石川植物園で、世界最大の花を咲かせる植物が、花を咲かせそうなんだって。

http://www.bg.s.u-tokyo.ac.jp/
http://www.asahi.com/science/update/0714/TKY201007140188.html

あ〜、見に行きたいな。前すんでいたところはこの植物園のご近所でした。
でも、腐敗臭を放つって書いてあるぞ。臭いお花なのか〜!!!
確かに見た目もグロテスクそうだな。
今週末には咲きそうだそうなので、ご近所の方は行ってみてはいかがでしょう?

| | コメント (2)

知るということ

知的好奇心、人間が人間としてあるのは、これがあるからといっても過言ではないと思う。
「知りたい!」という気持ちは、対象は何であれみんな持っているものではないのかな。
私の興味関心は今、「現代の地球上の人々の衣生活」にある。それに関連することを知りたいと思う。

でも、知ってしまってがっかりすることも多々ある。
日本製のお洋服、これなら正当な労働対価を支払って買えると思っていたけれど・・・
中国やその他発展途上国の人を研修生という名前で日本につれてきて、低い賃金で縫製を行わせて「日本製」として売っている企業も多いと知った。はぁぁぁぁ。日本製すら労働力の買いたたきに加担せずに安心して買うことができないのだと知ってしまってちょっと憂鬱になる。まぁ、私も中国製や途上国製のものは絶対買わないという生活ができているわけではない。私がこれまでにした買い物も、そういう企業に加担した形になったこともあるのだろうなと思うから、きれいごとに聞こえるかもしれないけど。

ただ安いものを買い漁るのではなくて、価値のあるものを、それに見合う価格で敬意を払ってお買い物できるような消費者を増やして、そういう経済構造を構築することが提案できないものかなぁと思う。価値あるものを作った人の労力や技術に敬意を払ってお金を支払い、そのお金が十分にその人たちまで届く経済の仕組みが作れないものかなぁ。繊維製品については特に、材料費の分を払うのはもちろんだけど、製造以外の中間マージンを受け取る企業ばかりにお金が流れて、価格競争で経費を削減されるのは縫製する人の人件費であるというようなことを知ってしまうと、何とも言えない気持ちになる。

こんなこと、知らなければ知らないで、考えなければ考えないで、かわいいお洋服を安くお得に手に入れたらラッキ〜!!!ですんでしまうことなのかもしれないけれど。

でもやっぱり、買い物を含めて自分がしていることが社会の中でどういう意味を持っているのかを知り、できるだけ社会的に価値ある行動をとりたいという気持ちを持つことが、現代人には求められているのではないかと思う。購入するときもそうだけど、資源を無駄にしないために購入したものを大事に長く使うというのも社会的に価値ある行動なのではないかと思う。私はまだまだ勉強不足だけど、そんなことを強く思う。

最近売られている海外でミシン縫製した安い浴衣を買って、花火大会に着て行って会場のゴミ箱に脱ぎ捨てて帰る女の子がいるなんて話を聞くと、悲しくなる。

それが現実で、私の思いは、理想論だとか独善的だとか言われちゃうのかな〜・・・・・

| | コメント (4)

バッグ買っちゃった

バッグ買っちゃった。最近、お買い物中毒気味。必要なものばかりだから仕方ないのだけど(言い訳)。学生時代は必要なものさえも我慢していたのだなぁと思う(これも言い訳)。

以前、1〜2泊のときに使っていた赤いボストンバッグ、今から十年以上前、丸井のバーゲンで確か3000円くらいで買ったものだったのだけど、使い勝手が良くてつい最近まで使っていた。合皮だったと思うのだけど、それがついに破けてしまった。汚れたりみすぼらしくなったりしていた訳ではなかったけど、やはり素材は劣化していたみたい。それで、旅行バッグが手元になかった。この間の京都は、母から借りたキャリーバッグで行ってきた。

今週末の鹿児島出張は1泊だし、どうしようかな〜とバッグを探していたけどなかなかいいのが見つからなかった。
今日、仕事帰りにトキハデパートに寄ったら、ふだんは出店していないというメーカーのバッグで、私の好みの色や形をしていて、ちょうどよい大きさのものに出会った!今回はちょっと高かったけど、これからまた出張多くなるし、エイッと買ってしまった。

また、大事に使おうっと。物持ちいいからまた長いおつきあいになると思います♪
新しいバッグさんどうぞよろしく。

| | コメント (0)

東京ばな奈

職場のわか〜い男の子から、お土産ですって東京ばな奈をもらった。
東京ばな奈って初めて食べたな〜。
自分では買わないもんな。

その子に言わせると、私は「いいキャラ」しているとのこと。
いいキャラ、ねぇ。喜んでいいのかな。いい年してcoldsweats01
一回り以上年下の男の子にそう言われて。

今日は彼らと編み物した。結構上手に楽しそうにやっていた。
そう、編み物もやりはじめると楽しいのだよね〜。
その楽しさは性別とか関係ないはずなのだけど。
なぜか女の人がすることみたいになってるものなのだよな。
でも、最近はそうでもないか。
そういえば、こっちに来てから、筋肉ムキムキの黒いタンクトップ着たお兄さんが電車の中でかぎ針編みしてるのを見てびっくりしたことがある。

そのうち、男の人の間で編み物がはやったりして〜。
東京では、男の人の手芸サークルあるらしいしね。
手芸好きとしては、男の人の手芸人口が増えるのは大歓迎だな〜♪♪♪

| | コメント (2)

忘れ物が出てきた

忘れ物しちゃった。
つい、うっかり。
でも、出てきた。
よかった。

昨日会った友達とも話したのだけど、大人になったら別の自分になれる気がしていたのだけど、違った。
忘れ物はするし、なくしものはするし・・・
成長してないような気がする。もっとしっかりしなくては。
さて、出てきた忘れ物をとりに行ってこよう。

| | コメント (0)

結城紬

呉服屋さんに行ってきた。
結城紬の実演を見せてもらった。
真綿から糸をとる様子、機を織る様子、見せてもらった。
日本にも、こういう伝統がまだ残っているのだな。
ブータンのきらびやかな織物もいいけれど、日本人として、落ち着いた色合いの和の織物のよさも理解したいものだな〜と思った。

| | コメント (0)

英会話・・・

9月までに英会話できるようにならないといけない状況になった。
自分のやってきた研究のこと、これからやりたい研究のことを説明してやりとりできる程度に。
うひゃ〜。昔から追いつめられないと勉強しない質だったなぁ。

どうしよう・・・8月下旬にでも英会話学校に缶詰というのもありかもと思い始めている。
そうすれば、少しはいいかな・・・?
場所は、東京、それとも、思い切って海外?それなら、カナダかNZがいいな〜。
カナダは夏で、NZは冬かぁ・・・
今からでも申し込みは可能かな?調べてみよう。
それとも、自分の言いたいことをとにかく英語にして口からすらすら出るようにしておけば大丈夫なのかな〜?うーむ。でも、英語、というか、英会話をちゃんとできるようにしたいな。

| | コメント (0)

去年の今頃

ブータンに向けて出発していた。
父が、去年の日誌に私から出発前のメールが届いたことが書かれていたと教えてくれた。
あれから、いろんなことがあったよな〜。

今日、本屋さんに寄ったら、私の持っていないブータンの本が数冊あった。
それを見ながら、やっぱりブータンにまた行きたいのだよな〜と思った。
そして、ブータンのガイドさんとドライバーさんを日本に招きたいとも思う。
大分まで遊びに来てくれるかな〜。来てほしいな。

ところで、お土産でいただいたインド茜で染めた羊毛原毛を使って、赤い鳥のストラップの試作品を作った。

Img_0352

ちょっと不細工だけど、これも持ち味ということで・・・
どうしたらもっと本物っぽくなるのかな?研究あるのみだね。

| | コメント (1)

七夕だ☆

七夕だ☆
雨が降ったみたいだし、天の川は見えないけれど、無事に織り姫様と彦星様は会えたかな。
梅雨が明けたら夏休み。
せっかく東京より星がきれいに見えるところに来たのだから、ゆっくり夜空を眺めてみたいな。

宇宙の果てがどんなか、知りたかった子どもの頃。夜空を眺めることが多かった。
宇宙論の本を読んで宇宙の広さと自分のちっぽけさを対比したものだった。
どんなにがんばって宇宙の果てのその外側がどうなっているかわかっても、それがわかったらまたその外側がどうなっているのか、きっとわからないことは尽きないのだなと考えた。
思春期だったからか考えることが極端で、わからないんだったら私が生きていく意味はないのじゃないかとさえ思ってしまったのを覚えている。そうやって宇宙のことを調べてみると、太陽みたいな星はだんだん膨張して最期を迎える時が来るというのを知って、ずーっと先だとしても太陽にも最期があって、そのときに人類は存続してはいないのではないかということも推測した。

結局、宇宙の果てのことが一生わからなくても、広大な宇宙の中で私たちは生きているということはわかったし、その広い宇宙の中で一つの生命体として生まれてきたことは奇跡だなぁと思ったし、それは自分も他人も人類じゃない生命体もそうなのだなぁと実感して、周りの人と仲良く元気に過ごせたらいいなと考えるに至った。そのために、衣食住の人間の生活基盤が大事だと思った。
いつか人類が滅亡する日が来るとしても、だからこそ今、周りの人と仲良くして生きとし生けるものを大事にしながら元気にニコニコして生きていけたらいいのだな〜と思った。

七夕に願ったことは叶っているので、今年はちょっと大きなことを願ってみる。
「地球上のみんなが仲良く元気にニコニコして生きられますように。」

| | コメント (0)

言葉は大事

西本願寺にて。

売店で、白人の目の青い外国人男性が、お店のおばちゃんに向かって、英語で話しかけていた。お寺の中にある日本画の写真の載ったページを示しながら、この絵みたいな絵をここで売っていないか?ときいているのだけど、おばちゃんはさっぱりわかっていない。

「ペインティング?ってことは、描く?え・が・く~???」

と聞き返したりしていて、そうじゃないよ、おばちゃ~ん、と思いながら様子をうかがっていたけれど、どうにも意思疎通できそうにないみたいなので、つい、

「たぶんこの絵みたいなのをここで売っていないかときいているのだと思いますよ」

って売店のおばちゃんに言っちゃった。そうしたら、ポストカードでもいいの?っていうからきいてみたら、もっと大くて壁に飾れるようなサイズのものがほしいと言っていたのでそれも伝えた。それはないとのことで、それを伝えたら、彼に丁寧にお礼を言われた後、ものすごい早口の英語でペラペラペラっと何か言われて、最後にもまた、Thank you very muchと言われ、彼は去って行った。売店のおばちゃんたちにも感謝してもらった。

あの、最後のペラペラペラっという言葉の意味がすーっと理解できるくらい英語がわかるようになりたいなぁ。でもまぁ、ちょっとだけお役にたててよかった。それにしても、意思疎通には言葉って大事だよな~と改めて思った。

| | コメント (0)

嬉しいお知らせ

最近、同窓会のご案内をもらうことが多い。
京都から帰ってきたら、高校時代のクラブの同窓会のお知らせをいただいていた。
私の憧れだった顧問の先生からのお知らせ。創部60周年なんだって。
直前に北海道への出張予定があるから、横須賀に寄って戻ってこようかな〜。
友達や先輩後輩にも会いたいけど、とにかくあの先生に会いに行きたい☆

| | コメント (0)

西本願寺

お仕事を終えて、西本願寺に行ってきた。

Img_0349

何にも調べていかなかったのだけど、京都駅から歩いて行ってちょうどお堂に着いたところで鐘が鳴り、その後、御影堂に入って座っていたらお坊さんが2人やってきてお経をあげるところに居合わせた!そしてその後、お掃除する(?)とのことで、お坊さんがお堂の祭壇の戸を閉め始めた。

すごいタイミングだった!うふふ。やっぱり私は運がいい♪

| | コメント (0)

京都にいます♫

京都にいます♫
2人もの染織家の方に会ってきました。

うれしかったー。

| | コメント (0)

世の中は狭いな〜3

先日から話題の、事務局の方の話。
ご両親に私の祖父母のことをきいてくださったとのことです。
そうしたら、お父様は祖父と何度も話したことがあるとのことですし、お母様もやはり祖父母のことをご存じでした!そしてかなりローカルな話題で盛り上がっています。

彼女と私は祖母の家系でつながっているようです!
びっくりした〜。不思議なことです。
祖母が天国からいたずらしたのかな〜。

でも、考えてみたら、彼女と私でなくても、何世代か前にさかのぼれば、み〜んなみんな、どこかでつながっているのですよね。人類の長い歴史の中で。「人類皆兄弟」、そう言われても実感わかなかったけど、ほんとにそうかもしれないよな〜と思わされる出来事でした。

| | コメント (0)

母の還暦

母が還暦を迎えた。
どうやってお祝いしようかな。

赤い物をプレゼントしなくちゃ。
調査にトキハデパートに出かけよう♪

母が還暦の今、祖母を知っている遠い親戚の方と連絡が取れそうになっているのは、天国からの祖母のいたずら?そんなことを考えたりもする。大分出身の事務局の方のお母様は、祖母を知っている人なのかどうなのか・・・お返事が待ち遠しいな〜。

| | コメント (0)

日本代表お疲れさま〜

サッカー選手って、すごいよな〜。走るのも判断力も遅くて運動神経が鈍い私には、男に生まれても絶対にできないスポーツ。
本当におつかれさまでした〜。とにかく、しばらくは気持ちも身体も休めてください。

ブータンでもサッカーは人気のスポーツで、ナショナルチームも一応あって、FIFAのランキング世界で最下位の国と最下位から2番目のブータンと、ブータンのティンプーで試合をしたことがあるのだそう。アザーファイナルっていう映画にもなっているそうで、いつか見てみたいなと思う。

そのときの写真集を、ブータン刺繍の先生に借りている。民族衣装のゴを着た小さな男の子たちがサッカーしている様子はとってもかわいい。子どものゴ姿をまた見たいな〜。サッカーしている様子も、実際に見たいな。

| | コメント (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »