« 言葉は大事 | トップページ | 去年の今頃 »

七夕だ☆

七夕だ☆
雨が降ったみたいだし、天の川は見えないけれど、無事に織り姫様と彦星様は会えたかな。
梅雨が明けたら夏休み。
せっかく東京より星がきれいに見えるところに来たのだから、ゆっくり夜空を眺めてみたいな。

宇宙の果てがどんなか、知りたかった子どもの頃。夜空を眺めることが多かった。
宇宙論の本を読んで宇宙の広さと自分のちっぽけさを対比したものだった。
どんなにがんばって宇宙の果てのその外側がどうなっているかわかっても、それがわかったらまたその外側がどうなっているのか、きっとわからないことは尽きないのだなと考えた。
思春期だったからか考えることが極端で、わからないんだったら私が生きていく意味はないのじゃないかとさえ思ってしまったのを覚えている。そうやって宇宙のことを調べてみると、太陽みたいな星はだんだん膨張して最期を迎える時が来るというのを知って、ずーっと先だとしても太陽にも最期があって、そのときに人類は存続してはいないのではないかということも推測した。

結局、宇宙の果てのことが一生わからなくても、広大な宇宙の中で私たちは生きているということはわかったし、その広い宇宙の中で一つの生命体として生まれてきたことは奇跡だなぁと思ったし、それは自分も他人も人類じゃない生命体もそうなのだなぁと実感して、周りの人と仲良く元気に過ごせたらいいなと考えるに至った。そのために、衣食住の人間の生活基盤が大事だと思った。
いつか人類が滅亡する日が来るとしても、だからこそ今、周りの人と仲良くして生きとし生けるものを大事にしながら元気にニコニコして生きていけたらいいのだな〜と思った。

七夕に願ったことは叶っているので、今年はちょっと大きなことを願ってみる。
「地球上のみんなが仲良く元気にニコニコして生きられますように。」

|

« 言葉は大事 | トップページ | 去年の今頃 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 言葉は大事 | トップページ | 去年の今頃 »