« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

10月が終わるなぁ

クリスマスのこととか、紅白の司会とか、年賀状のこととか、目にしたり耳にしたりする季節になりました。今年もあと2ヶ月。今度の週末は、ずっと前から準備してきたイベントがあるのでまた上京します。その準備も最終段階。もうちょっとがんばりましょう・・・・・

| | コメント (0)

テレビが届いた!

テレビが届いた!画像もきれいだし、画面も大きいし、全然違うなぁ。
まぁ、前に使っていたのがめちゃくちゃ古かったから、その間の技術の進化はすごいよね。
今時、もらいもののテレビが壊れるまで使うなんていう人はいないだろうね。

そういえば、自分でテレビを買うのは初めてのことなのだなと思った!
ちょっと高い買い物だったけど、ブータンの番組を見られるのが楽しみだな〜。
物持ちいいから、このテレビとも長いおつきあいになることと思いま〜す。

| | コメント (0)

偶然の再会

今日は用事があって仕事帰りにトキハデパートに寄りました。
駅前の地下通路を通っていたら、見覚えのある顔の女性が向こうから歩いてきます。
私は、自分でも不思議なくらい迷う間もなく
「○○ちゃん!!!○○ちゃんだよね???」
と名前を呼んでいました。
相手は最初きょとんとしてびっくりしていましたが、あ〜〜、と相手もわかってくれました。
小学生時代の同級生でした。

メールアドレス教えて、早速メール交換。
嬉しかった☆

| | コメント (0)

テレビを買った♪♪♪

テレビを買った♪
改めて振り返ってみて、自分でテレビを買うのは初めてのことだ。
明後日届く。楽しみ楽しみ。
ブルーレイレコーダーも買ってみた。
これで、ブータンの番組も逃さず見られる♪♪♪

| | コメント (0)

テレビを買いにいく

明日は仕事が終わったらテレビを買いにいく。
息子さんが電気屋さんに勤めている同僚の方が、その電気屋さんに連れて行ってくださるとのこと。
どんなテレビを買おうかな〜。

私はあまりテレビを見ないので、今の生活のままでもいいのだけど、たまにBSとかでブータンの番組があることをお知らせしてもらっても見られなくてがっかりすることは何度もあった。
これからはそういう番組を見て録画することができることになる!うふふ、それが一番の楽しみ。

| | コメント (0)

やっぱり私は晴れ女だ

友人が来ていて、雨が降っていたけれど大分を案内した。
2人で外に出る時はほとんど小雨だったり降っていなかったりした。
やっぱり私は晴れ女だなぁと思った。

| | コメント (0)

友達が泊まりに来てくれた

高校時代の友達が横浜から泊まりに来てくれました。
美味しいものをたらふく食べておしゃべりして、楽しかった♪

| | コメント (0)

かぼちゃのニョッキ

母と妹の作ったニョッキをいただいた。
美味しかった〜☆

| | コメント (0)

いいこと

下の妹に、おもしろいものを見せようと言われて、サンリオのキキララが表紙に載っている五線譜ノートを渡された。中には4,5才の私が書いた音符が並んでいた。聴音で聞き取って書いたものもあったけど、笑えたのが、作詞作曲私の歌のページ。メロディーはすべてソドレミファミレ、ソシドレミレド、の繰り返し。

いいことあれば、いいゆめみるけど、
わるいことあれば、わるいゆめみるけど、
ふつうでいれは、なんにもないけど、
みんなでうでくめば、いいことばっかり、
まあっかなゆうひが、さしたらかえろ

なんだかなぁ。肩組むならいいけど腕組めばいいことばっかりって何か変だよね~。突然脈絡なくゆうひが出てきちゃうし…文才ない。

楽譜の途中にはなぜか長縄をしている3人の絵が描いてあったりして、可笑しかった。作曲の途中で急にお絵かきしたくなったのか、はたまた長縄したくなったのか…

でも、自由だったのだなあと思った。
私の精神も、感覚も。

その感覚を思い出してみたい。

次のページには、ヘ音記号の欄もつくられていて、両手でピアノを弾けるように曲づくりにチャレンジしてはいたのだけど、ト音記号の、ピアノで右手の旋律も一行しか書いてない上、ヘ音記号の欄には「じぶんでかんがえて!」ってかいてあった。

そんなこと楽譜に書いたら楽譜の意味ないじゃなーい。早々に、作曲家への道は諦めたのだろうなあーと思った。可笑しかった。

| | コメント (0)

日常

日常に戻ってきた。
身体も、心も。

日常にも楽しみを見つけよう。

| | コメント (0)

伊良部の海岸

まだ夏の終わりだった・・・
砂浜、きれいだったな〜。

Img_0686

| | コメント (0)

飛行機揺れた〜

飛行機がとっても揺れました。
気流が悪かったみたい。
ベルト着用サインはほとんど消えないままでした。
でも、着陸はとってもスムーズで時間通りでした。
博多空港に15時40分に着陸して、荷物をとって16時8分の地下鉄に乗り、16時20分博多駅発のソニックに乗れました!

ソニックの横揺れにも耐え、帰ってきたらぐったりでした。
でも、今回の宮古島研修、嬉しい再会があったりもして、いろんな勉強にもなって、面白かった♪


| | コメント (0)

紅型

那覇に来て、紅型の色つけ体験してきました。
紅型のお勉強もして、楽しかった。
台風の影響で雨が少し降ったけど、私が外を歩く間は降らなかった。やっぱり晴れ女。

明日も同じような天気との予報だけど、どうかな?

| | コメント (0)

伊良部島

フェリーで伊良部島に渡ってきました。
伊良部島でハーブを育ててそれで染めをしている方を訪ねてきました。伊良部島観光もしてきました。
ランチはフレッシュハーブを使ったお料理、美味しかったです。

| | コメント (0)

砧うち

宮古上布最終工程である砧うちという工程を請け負う職人さんにお話を伺い、作業を見せてもらってきました。布がツルツルになって肌ざわりよくなりました!

| | コメント (0)

宮古島に来ています

宮古上布のお勉強をしに宮古島に来ています。
来てみてびっくり、ブータン関係で東京にいたときに一緒にランチしたことある方と再会!染めの勉強会でご一緒したことのある別の方とも再会しました。
宮古上布、糸作りから絣の柄を出すようにして染め、絣の柄を合わせながら織るまでの、気が遠くなりそうな作業のこと、実際にやっているところを見せてもらいながら説明してもらってきました。繊細な手仕事を経てステキな織物になるのですね~。ただただ感動でした。

こちらはまだ夏の終わりです〜。

| | コメント (2)

テレビが壊れた・・・

ついにテレビが壊れた。
今朝、テレビを見ていたら突然プツッと消えて、それきり電源が入らなくなった。

93年製って書いてある。
自分で買ったものじゃないけど、17年使われたということだなぁ。
もう寿命だ。
地デジ化のこともあるし、テレビ、買い替えどきだなぁとは思っていた。
でも、まだ映るのにな〜と私の方がさよなら言えないでいた。
テレビの方から別れを突きつけられた形だ。
テレビさんおつかれさま〜。サヨウナラ〜。

チリの落盤事故、最後の人が出てくる画像、見られなかった・・・
でも、みんな助かったみたいで本当によかったなぁ。

| | コメント (0)

ほんとによかった!

チリの落盤事故被災者の救出、ほんとによかった。あとは最後の一人まで全員救出されるのを待つばかり。真っ暗な中に閉じ込められたまま2ヶ月以上過ごすなんて想像を絶する。

でも、救出作業が当初の予定より大幅に早かったのは、救出作業にあたった人たちの不眠不休のお仕事によるものって。救出はその方たちのおかげ。私には祈ることしかできなかったけど、そういう人もたくさんいたと思うけど、世界中の人々の祈りも通じたかな。

無事にみんな最後の一人まで助かって、元気になれますように。

| | コメント (0)

お嬢さん・・・

今日はちょっと大きなものを持って電車に乗った。
荷物の運賃必要ですか?とおじさん駅員さんにきいた。

「そのままでも運賃はいらないけど、それ、解体したら小さくなるんじゃない?お嬢さんがそのままでいいなら、そのままでもいいけど。」

私はお嬢さんと呼ばれてしまった・・・coldsweats01
ありがとうございます、大丈夫です〜と言いながらそのまま運んだ。

お嬢さんかぁ・・・お嬢さんと呼ばれる年じゃないよな〜。
駅員さん、テレビでおば樣方に人気のおじ様タレントみたいにおばあさんも“お嬢さん”と呼ぶ人だったのかな。
別の呼ばれ方の候補を考えてみる。
奥さんと言われてもピンと来ないし、実際奥さんじゃない。
お姉さんと呼ばれても、おじさんよりお姉さんじゃないしって思うねぇ。
おばちゃん・おばさんと言われたらがっかりするだろうなぁ。
マダムと言われても、ここは日本だし〜ってことになるし。

既婚未婚にかかわらず、大人の女性に呼びかけるよい日本語はないものかしら。
知らない人に呼ばれて違和感なく受け止められる呼ばれ方、そういえば思いつかないなぁ〜・・・

| | コメント (2)

ブータンの子育て

NHKのプラネットベビーズという番組を見た。
世界中の子育てを紹介する番組。

http://www.nhk.or.jp/baby/archives/archive101007.html

ブータンの子育てについてだった。
お母さんは自分が読み書きできないから、学校の勉強は教えてあげられないけれど、ことわざを教えてあげたり、人がいいものを持っていてもねたんではいけないって教えていますって。そういうときはよかったねって言ってあげるようにって。
ブータンらしいな〜って思った。ブータンの景色を見ながらまたブータンに行きたくなった。

昨日は伯父伯母のところからもらってきた栗で母が作ってくれた栗ごはんを食べた。美味しかった♪
秋だなぁ。

| | コメント (0)

運動会シーズンだなぁ

2010年10月10日。10、10、10の日だな。
体育の日、運動会シーズンだなぁ。
私は、幼稚園生まではいつも走るの1等賞だった。
一番成長が早くて背が高くてコンパスが大きいというだけで走るの速かった。
小学生に入ってからはどんどん遅くなったなぁ。
運動会の練習はおっくうだったし、速く走れと言われても走れないし、ダンスとかも嫌いだったし、運動会で目立つことはなかった。

でも、小6の運動会のときは、児童会の運営委員会とかになっちゃったもので、なぜか児童会代表挨拶をすることになってしまった。
全校生徒と保護者たちの前で、先生が書いた原稿を丸暗記した言葉をそのまましゃべった。
一応自分で原稿書いたのだけど、先生がこりゃダメだなって書き直されたら全く別の文章になってきた。昔から作文はヘタだった。

「みなさん、頭の上を見てください。みんなで作った万国旗、とってもきれいでしょう?」

出だしの1文は今でも頭から離れない。
でも、こんな芝居がかった恥ずかしい言葉、私に書けるはずなかった。
けど、一生懸命覚えて、とにかく先生に言われた通りにこの文章ではじまる言葉をしゃべったのだったなぁ。

来月、スピーチしなくちゃいけない予定がある。
あぁ、早いところ原稿を書いて暗記しなくちゃ。

| | コメント (0)

豊後絞り

豊後絞り教室に行ってみた。
チョウチョの柄を絞ってみた。
次回は染め。楽しみ楽しみ。きれいに柄が出るかしら?

布を染めるときに、どうやって柄をつけるか、昔の人は一生懸命考えたのだろうなぁ。
その技術にふれていきたいなと思います。

| | コメント (0)

小さなキンモクセイ

去年、私のいた大学には、正面玄関の前に大きなキンモクセイがあった。
1年前、「来年もこの香りをかぐことがあるかな〜」と日記に書いた気がする。
最近、私の仕事場の建物を出たところでキンモクセイの香りがした。
きょろきょろと探してみると、小さなキンモクセイの木。オレンジのお花が満開だった。

あれから一年、いろんなことがあった。
一年という時間が経つのが、年々早くなる…

| | コメント (0)

ミシンの修理

ミシンの修理をしていただいた。
来てくれたのは感じの良いおじさま。
私の名刺を見て、「杵築(きつき)の方の名字ですよね?」とおっしゃった。
ええ、そうなんですよ〜、と答える。
こちらに来て、何度かそういうことがある。
東京では、珍しい名字ですね・・・と言われることしかなかったけど。

ミシンをしっかり直していただけてよかった!

そうして午後、これから1年半おつきあいする人たち5人とお話しした。
それぞれに個性的でおもしろい。
一緒に楽しく過ごせたらいいなと思った。

わたしより一回り以上年下の彼女たち、仲良く過ごせるといいな〜と思った。
大分で生まれて大分で育って大分大好きの人がいた。
就職の話になって、彼女はもちろん大分で就職するとのこと。
「私は大分で死ぬんです」とまで宣言していた。

若いのに、都会に住んでみたいとか、そういう欲求はないのかな〜と不思議だった。
まぁ、彼女が住んでいるのは大分の中心地で大分の中では一番都会なのだけど。

大分の人は、大分という土地への愛着が強いんだなぁと改めて感じた出来事だった。

| | コメント (0)

バナナケーキ

職場の先輩にお手製バナナケーキをいただいた。
おいしかった☆

私もお菓子づくりとかパンづくりとか、したいなぁ。
ここに来てまだ一度もパンを焼いていない。
そろそろパン焼きたいなぁ。

| | コメント (0)

またなくしもの

またなくしものしている。
捨てるはずはないものだし、見つかるはずと思うけど・・・

あ、職場のあそこにあるかなと今思いつく。
明日探してみることにしよう。

| | コメント (0)

太刀魚

実家で太刀魚食べた。
お刺身と塩焼き。
美味しかった~。

| | コメント (0)

正直、誠実であること

現代の日本には、オレオレ詐欺とか、人をだましてお金をとろうという悪い人がいる。
昔から、詐欺師も泥棒さんもいたといえばいたのだろうけど、これだけ大規模にやることは不可能だったのだよね。
そういう人たちが日本にいることによる経済的損失は計り知れない。
国民が正直で誠実であり、信頼できる国民がいることは、国にとって価値のあることだけれど、それを貨幣価値に換算することは難しい。でも、現代においては、詐欺などでだまし取られたお金がどれくらいで、詐欺師がこの国にいなかったらその損失がなかったはずで、その損失額が逆に考えると正直で誠実であることの価値に換算されるのだろうか。

そういう人にだまされないように!という教育も必要になって、家庭科でもそういうことを教育するのだけど、「人をだましてお金をとるなんて人としてあり得ない」っていう教育ももっと充実させなくてはいけないのではないのかなぁ。「人をだましてでも、自分がお金さえもらえれば〜それでいい〜」みたいな人を少なくするのに、教育はやっぱり大きな役割を果たして欲しい。国際社会の中では日本は今のところ比較的信頼できる国民がいる国に位置づけられていると思うのだけど、国内の状況を見ているとそれがいつまで続くのかなぁと不安になる。

正直であることとか、誠実であることとか、そういうことに重きを置いた教育が意識的になされたらいいなぁと思う。

| | コメント (0)

耳鼻科で泣く子ども

副鼻腔炎と診断されてから、耳鼻科に通っている。
今日も行ってきた。耳鼻科に通うのは子どもの頃以来、とても久しぶりだ。
待合室にいたら、泣き叫ぶ子どもの声が聞こえた。
あぁ、かわいそうに。
何にも説明されないで診察室に入ったのかな。
確かに耳鼻科の先生は子どもにとって怖い。金属製のいろんな機器を持ってきて、耳とか鼻とかにそれを入れるのだもの。

私は子どもの頃、頻繁に中耳炎になってたくさん耳鼻科に通ったけど、母がしっかり診察する意味を説明してくれていたので怖くてもおとなしくしていたらしい。自分の記憶は曖昧で、母がそう言っているだけだけど。予防接種にしても何かの病院にかかるにしても、私が泣き叫んで母が困るということはなかったそうだ。

私も今日、鼻の奥に器具を入れられて、あ、耳鼻科ってこういうことするんだったよな〜と思い出した。ネプライザー(?)って、鼻吸入で霧状になったお薬を吸い込むのも、久しぶりにやっている。そうそう、こんな感じだったなぁ、と記憶が蘇る。

よくなりつつあるので、お薬を飲みながら様子を見ましょうということになった。
早くよくなるといいな〜☆

| | コメント (0)

職場の大掃除

10月になった。
職場の大掃除をした。
ぞうきんが真っ黒になった。

気持ちも大掃除をして新しい気持ちで今月を過ごそう。

今日、何気なく見つけた求人、私の専門や経歴でジャストに応募できるものだった。
それは、北海道での募集だった・・・
去年よくお世話になっていた求人サイトを見てみたら、千葉でも山梨でも募集が出ていた。でも、ぴったりなのは北海道だった。

私の大学院修了が1年ずれていたり、大分の募集が1年ずれていたりしたら、私は北海道に応募したのかなぁ。やっぱり縁というものは不思議なものだなぁ。

| | コメント (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »