« バナナケーキ | トップページ | 小さなキンモクセイ »

ミシンの修理

ミシンの修理をしていただいた。
来てくれたのは感じの良いおじさま。
私の名刺を見て、「杵築(きつき)の方の名字ですよね?」とおっしゃった。
ええ、そうなんですよ〜、と答える。
こちらに来て、何度かそういうことがある。
東京では、珍しい名字ですね・・・と言われることしかなかったけど。

ミシンをしっかり直していただけてよかった!

そうして午後、これから1年半おつきあいする人たち5人とお話しした。
それぞれに個性的でおもしろい。
一緒に楽しく過ごせたらいいなと思った。

わたしより一回り以上年下の彼女たち、仲良く過ごせるといいな〜と思った。
大分で生まれて大分で育って大分大好きの人がいた。
就職の話になって、彼女はもちろん大分で就職するとのこと。
「私は大分で死ぬんです」とまで宣言していた。

若いのに、都会に住んでみたいとか、そういう欲求はないのかな〜と不思議だった。
まぁ、彼女が住んでいるのは大分の中心地で大分の中では一番都会なのだけど。

大分の人は、大分という土地への愛着が強いんだなぁと改めて感じた出来事だった。

|

« バナナケーキ | トップページ | 小さなキンモクセイ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バナナケーキ | トップページ | 小さなキンモクセイ »