« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

夕陽

昨日、職場から見えた夕陽。
山が見える。
ラ・ロシェルの夕陽とは違うけどキレイでしよ。


1306845913500.jpg

| | コメント (0)

ポワラーヌ

パリのポワラーヌというパン屋さん。
パンも美味しかったし、話題のクッキーも、素朴な美味しさでした☆
たくさん食べちゃった☆

Img_0867


| | コメント (0)

クリュニー美術館

パリではクリュニー美術館に行った。
「貴婦人と一角獣のタペストリー」を見に行った。
http://ja.wikipedia.org/wiki/貴婦人と一角獣
天然染料(茜や藍など)で染められた数百年前のタペストリー6枚は、見応えがあった。
同行している方の中には、感動して泣いていらっしゃる方もいらした。
ずいぶん前にタペストリーの端のところは修復されていたのだけど、そこは退色していた。修復はそのころできたばかりの合成染料で行われたようで、修復したときは茜や藍で染めたのと同じような色にしたはずなのだけど、今や茜や藍で数百年前に染めたところの方が鮮やかで、近年になって修復したところの方が著しく退色しているというのは、興味深いことだった。
いろんなところにかわいい「ウサギ」が織り込まれているのもウサギ好きとしてはうれしかった☆

あの美術館、また行きたい☆

美術館の建物の壁にあった日時計。
Img_0849

私たちがちょうどその美術館にいた時、小学生くらいの子どもたちが先生と一緒に来ていた。
美術品の前で床に座って先生のお話を聴いていた。
こういう教育を受けて育つ子どもたちって、うらやましいな〜と思う。
その子どもたちが帰って行く様子。後ろ姿ばかりで顔がうつってないから載せていいかな?
Img_0850

美術館の入り口とそのそばの井戸。

Img_0852

素敵な美術館だった☆☆☆
この記事、早く書きたい気持ちもあったけど、とっておきたい気もして、なかなか書けなかった。
あぁ、またパリに行きたくなってきた〜♪

| | コメント (0)

大荷物を持って

昨日のこと、大荷物を持って電車に乗ろうと駅に向かった。
通りがかりのおじさんが持つのを手伝ってくれたのだけど、今日は腕筋肉痛。
知らないおじさんが手伝ってくれたのにもびっくりしたけど、
「オレも昔新宿でね、数十キロのものを運んでさ、お客のものだったけど捨てて帰りたくなったよ。簡単に自分でモノを運ぼうとしちゃダメだな。それも、女の子がさぁ。」
って言われた。何の仕事をしているのだろう・・・、名古屋行きの切符を買っていた。
耳毛がぼうぼうに出ていて、不思議なおじさんだったけど、優しいおじさんだった。
私は「女の子」と言われる年じゃないけどね〜。

うーむ、私は他人から見て「女の子」ととらえられるのか・・・

| | コメント (0)

カザフスタンの人々の衣生活

今日はカザフスタン出身の方とお話しする機会があった☆
カザフスタンの人たちの衣生活について質問してみた。
民族衣装は、プレゼントしたり、パーティーのときとか子どもに着せたりするみたい。
結婚式は花嫁さんや年配の出席者が民族衣装を着るとのこと。
日本と同様、日常生活で着ている人はほとんどいないみたい。

洋服は着やすいし便利だし、みんなが洋服を着るようになっていくことはとめられないけど、世界中どこに行ってもTシャツとジーパンを着た人しかいない世界なんて面白くないなぁと改めて考える。
民族衣装の多様性が失われないようにと願いながら私も洋服を着て生活して和服を着る機会がないことにも矛盾を感じたりするけれど・・・

とにかく、世界中、いろいろなところでの「衣生活」について、お話を聞くことは面白い☆
見て回ることはもっと面白い☆☆☆
カザフスタンにも行ってみたくなった。もっと調べたくなった♪

| | コメント (0)

何度でも

NHKでドリカムが歌ってた。
「何度でも」という歌にはじまり、「その先へ」まで。
テロップで歌詞を味わいながら、美和ちゃんの歌声を聴いた。

私が学生のときはよくドリカムを聴いたし、カラオケで歌ったな。初期のドリカム。
いつの日かぱったりとドリカムから離れていたのだけど、今日、美和ちゃんの歌声を聴いていろいろな思いが交錯する。
美和ちゃんも、あれから今までいろんな経験をしてきたみたいだよね・・・・・。
嬉しいことも、苦しいことも、悲しいことも、たくさんいろいろ経験してまた新しい歌を作り歌ってきたのだね。私の中で、美和ちゃんは全く年をとったように感じないし、美和ちゃんの声をきいていると私も学生時代に戻ったような錯覚に陥るけど、結構長い時間が過ぎたのだな。そして、時間は巻き戻せないことを実感します。ついこの間の震災の前日にも巻き戻すことができないことも・・・。

「眠れない夜の 悲しみの海の 出口の見えない暗闇の
 その先へ
 跳べ! その先へ 跳べ!」

後ろを向かず、「その先へ跳べ」のメッセージ。受け取りました。

見逃した人は6月12日に再放送があるようなので、ぜひ。

| | コメント (0)

博多の駅ビル☆

今日は振替休日でお休みをいただいた。
諸事情で有効期限が今日という博多までの切符を一枚持っていた。
九州新幹線が開通して駅ビルがオープンしてからまだ博多に行ってない。
帰りの切符を買い足して、お買い物に行ってきた☆
最大の目的は同僚の出産祝いを買うこと。こちらはすぐ決まった♪♪♪
喜んでもらえるといいな。

それに加えて、最近ずっと購入検討していたモノを見に行った。
ネット通販も検討したのだけど、やっぱり実物を見て買いたい。
うふふふふ、高い買い物をしてしまった。何を買ったかは届いてからのお楽しみ☆
経済活動をすることも、今の日本に必要なこと!

博多に行って、中国人観光客を何人か見た。
今はぜひぜひ外国人に九州へ観光に来てもらえたらいい。
東北にも観光に行けるようになったら、そのときには私も東北観光しよう。

| | コメント (0)

オウムガイ

ラ・ロシェルの水族館のオウムガイ☆
とーっても昔から進化していない生物なのでしょ。
進化せずに生き続ける生物もいて、進化してきた生物もいる。
進化したあげくに、原発作ったり宇宙空間に出て行ける知能を持つようになった生物もいる。
でも、進化って何かな。改めて疑問を持つ。
オウムガイさんの寿命はどれくらいなのかな?ネットで調べてみると・・・
水族館で人間が飼うと3〜4年、野生のものは20年くらいなんだって。
へぇ〜。
このオウムガイさんは何歳なのだろうな。

Img_1040


| | コメント (0)

石楠花

ブータンで満開の石楠花、それも大木に咲く石楠花を見てから、石楠花にも興味津々。
赤、ピンク、白のお花がとってもきれいだった。

フランスでも石楠花に出逢った。薄紫色の石楠花。この色もいいね〜☆

Img_1187


| | コメント (0)

ブータン国王ご成婚!

ブータン国王ご成婚発表のニュース☆ おめでたいhappy01heart04 ブータン全体が祝賀ムードになるのだろうな♪

| | コメント (0)

NHK教育テレビのフランス語

フランスにしばらくいたら、フランス語は全然分からないのに発音が耳に心地いいな〜という感じになってた。今さっき、偶然NHK教育テレビのフランス語番組を見た。やっぱり、フランス語の発音って本当にいいね〜☆

でも・・・動詞の活用、男性名詞女性名詞・・・・・一つの言葉にバリエーションがそんなにあるなんて、改めてフランス語は難しいな〜と思った。まぁ、語学は何でも習得するのはなかなか大変。まずは英語、と思いながら、フランス語にも興味津々。あ、もちろん、ゾンカ語にもだけど。

学生時代の担当教授に
「あなた、気が多すぎるんじゃない?」
と戒められたことを思い出す。確かに・・・
人生は選択の連続だ。選ぶものと選ばないもの、見極めていかなくては。
でもさ、過去のことを振り返って、自分で選んでいるようでいて、自分で選ぶ前からその道しかなかったような、なるようにしかならないような、そんな気がするのは気のせいかな。

| | コメント (0)

ラ・ロシェルの夕日

ラ・ロシェルでのこと。
日が沈むのがとても遅い。
夜9時くらい。

ちょうど日の入りを見ることができた。
そのときの写真。
きれいだった♪

Img_0968


| | コメント (0)

世界の窓 ブータン

今週金曜日の20日、22:54~23:00、BS-TBSにて「世界の窓『ヒマラヤの桃源郷/ブータン』」という番組があるそう。見たいなぁ。

http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT0700400

| | コメント (0)

ブータンの映像が出てる!

ブータンの映像が出てる☆
http://grazia.woman.excite.co.jp/lifestyle/rid_E1303711605014/

今のところ(1)〜(4)まであって、お坊さんがお経を読む様子や、ブータンダンスの様子、マニ車を回す様子などが映し出されている!あ〜、私もマニ車回したい☆

| | コメント (0)

ネパール・インドダイニングカフェ スールヤ

今日(昨日)は夕方から出張に行って、職場に戻って会議・・・という一日。
会議が終わって帰るはずが、お部屋に戻ったらまだ人がいておしゃべりしたりしていたら、夜10時。
一緒に帰りましょうということになり、夕食もお互い食べていないことが分かり、ネパール・インドダイニングカフェ「スールヤ」というお店に行ってきました。

本場のカレーとナンのセットをいただきながらおしゃべり。
カレーはスパイスが利いていて本場カレーといった感じで美味しかった。
大満足。また行こうっと。

| | コメント (0)

誤配

昨日、帰ってきて郵便受けを見たら、宅急便の小包みが入っていた。でも、宛名をみると私宛ではない。番地が全然違うし、マンションの名前も違うけど、マンションの中の号室が同じ。ただそれだけで、誤配するかなぁ…と思う。今日、職場に取りにきてもらうことにした。宅配便の方、もうちょっと自分の仕事に責任持って~って思った。

| | コメント (0)

波渡亜

パリからの帰り、東京の妹の家に寄り、お土産をもらった。
広尾、龍屋の「波渡亜」というお菓子。

Img_1209

元米米クラブの石井竜也さんのお店、龍屋の和菓子。
どら焼きみたいなお菓子の中に、バターも挟まれていてとても美味しい☆
広尾に行ったら、ぜひ。

| | コメント (0)

和装について

日常が戻ってきた。
今日は、和装についてのお話を聴いた。
先日出席した国際シンポジウムのフェアウェルパーティーで、韓国その他の国の人たちが民族衣装を着ていて、黄八丈の織元の奥様がもちろん黄八丈のお着物姿でいらっしゃるのを見ていて、地味な普通のワンピースを着ている私は残念だなぁと思ったところだった。海外までひょいとお着物を持っていって一人で着られるようになるには、ちょっと訓練が必要だよなぁ。まぁ、海外の国際的なパーティーに出席するなんて、今後どれだけあるか分からないけどねぇ。

| | コメント (0)

オランジュリーとパリのとらやカフェ

出張の合間、オランジュリー美術館に行った。
前回一人旅したときは改装中で行けなかったから。

今回、ご一緒した年配の女性たちにオランジュリーに行く話をしたら、みなさんも行きたいとおっしゃった。
海外旅行経験豊富な方から、70代後半で初海外の方まで、4人の女性たちを引率することになった。
モンパルナスのホテルからコンコルドまでメトロに乗り、コンコルド広場に出た。
コンコルド広場からは、遠くに凱旋門やエッフェル塔、ノートルダム大聖堂が見える。
みなさんについて来てよかったと言ってもらった。

美術館では、モネの睡蓮をはじめ印象派の作品を堪能した。

そしてランチの時間になり、前回の一人旅のときに行ったとらやカフェが近くにあることをお話ししたら、みなさん行く気になったのでお連れした。

前回行ったときは、「食事に困った時、最後の手段がとらやカフェ」と思っていたのに、1日目のお昼にとらやカフェの近くを通って雨が降り出して結局駆け込んだ思い出の場所。そのとき、フランス人男性に「いらっしゃいませ」と言われたこと、シャケ丼がメニューにあったけど、せっかくパリに来たのだからとアーティチョークのサンドイッチを注文したことが記憶に残っている。そのとき座った席まで覚えている。
今回行ってみたら、サンドイッチのようなメニューはなく、和食のみだった。みんなでお赤飯の定食とお抹茶と和菓子をいただいた。みなさん和食を召し上がって緊張もとれたご様子、お連れしてよかったみたいだった。

とらやカフェはオープンして30周年を迎えていて、私の前回の旅から8年が経過している・・・・・時が流れたのだなぁ。改めてそんなことも感じたのでした。

| | コメント (0)

フランスで道をきかれる

パリでのこと。
一人で歩いていた時、肌の黒い英語をしゃべる女の子に、
「エクスキューズミー」
と話しかけられ、道をきかれた。ホテルまでの道を。
ちょっと身構えたけど、地図を出して一緒に見てちょっと探してみて、やっぱりわからなくてごめんなさいした。
そしてそのあと、カフェに入って「アン カフェ スィルブプレ」と妹に習ったままの言葉で注文をしてコーヒーを飲んだら、隣のきれいな白人女性がまた私に話しかけた。フランス語で。
「トワレット」という単語が入っていたと思うから、そのカフェのトイレの場所をきかれたみたい。
「アイム ソーリー。アイ キャント スピーク フレンチ。& アイ ドント ノウ。」
とタドタドと答える。

フランスで、どう見ても私は外人旅行者で、パリジェンヌにはほど遠いのにねぇ。不思議だ。

そして、この年になってもまだフランスではナンパされるのだ。
今回の出張でご一緒した日本人仲間の泊まっていたラ・ロシェルのホテルと、私が予約できたホテルはちょっとだけ離れていて、夜ご飯を一緒に食べたあと200mくらい一人歩きをすることが何度かあった。
その短い道のりで、「夕ご飯はすんだの?」って男の人が英語で声をかけてくる。
足を止めずに笑顔で通り過ぎる。
ラテン民族ですな〜。

| | コメント (2)

つつじが満開

久々に行った職場では、つつじが満開。香りも辺りを漂っていました。
まだGWまっただ中の職場は、いつもより人が少なかった。

来週からは、日常が、戻ってくる。そして季節は夏へ向かう・・・

| | コメント (0)

時差ぼけ

昨日の午後、死んだように眠り、夜は11時過ぎにまた寝たら、午前3時台に目覚めてしまいました。
完全に時差ぼけ。
昨日は洗濯できなかったから、今、洗濯をしていて、もう朝ご飯食べちゃった。
フランスにいる間はずっとクロワッサンにハムとコーヒーだったけど、今朝は冷凍してあった食パンをトーストしてnutella(ナッツチョコスプレッド)塗ったものとイチゴとコーヒー。昨日の朝は妹の家でご飯にお味噌汁、納豆と目玉焼きをいただいたのだけど。今日は買い物に行って、明日は朝ご飯に白ご飯とお味噌汁食べようかな。

外国に行くといつも、「あぁ、私は日本人なんだなぁ」と改めてしみじみ実感するのよね〜。

| | コメント (0)

フランスから帰ってきました

昨日、フランスよりエールフランスで帰国して成田に着き、今日、大分へ帰ってきました。
ほぼ、半月ぶりの大分。
フランスにいた半月は夢の中だったみたい。
おかげさまでとても充実した毎日でした。とても勉強になったとともに、もっと英語を勉強しないと・・・と改めて思った日々でした。フランス語もやりたくなったけど、その気持ちはちょっと置いておいて・・・

キリスト教文化を感じ、私はクリスチャンじゃないけどまずその街の教会や聖堂に行って今の日本で被災している人々の苦しみが減るように、これ以上苦しみが広がらないように、祈ってきました。クリスチャンじゃない私の祈りにも、神様は少し耳を傾けてくださるかな。

ラ・ロシェルにあるサン・ソヴール教会で、ろうそくに灯をともしてきました。

Img_1018

必死に祈っているフランス人がいました。
彼女は何について祈っていたのだろうなと思いました。

Img_1020

Img_1021

また、フランスでの写真は追々載せますね。


| | コメント (0)

出張最後の夜

出張最後の夜を迎えた。
ホテルのお部屋で飲み会。
ま、私はエクレア食べてたけど。
おしゃべりが楽しかった。

明日の夜の便で帰国します。
パリで少し寄り道できる。
今はGWだし、自分の時間を使ってよいよね。
どこに行こうかな。

| | コメント (0)

ラ・ロシェルからアンジェへ

昨日、ISEND2011の片付けを終え、今日、ラ・ロシェルからナントを経由してアンジェという街にやってきました。AXEホテルをチェックアウトする時、ロープを返してくれました(笑)。あのホテルは簡素ではあるけどドライヤーもありお部屋もきれいで、朝ご飯もパン(美味しいクロワッサンなど)、チーズ、ハム、ヨーグルト、フルーツなどのビュッフェで、Wi-fi無料で宿泊費もお安く(8泊して516ユーロ)、とてもよかったのですが、難点は英語が通じないこと。フランス語を勉強していて少しわかるようになっていてそれを使えるか試そう!という人にはおすすめですが、英語カタコトの私のような人だと何かあったときにちょっとしたことでもコミニュケーションとれないですね・・・

今日は夕方アンジェに着いて、駅そばのホテルシャンパーニュに荷物を置いてから、教会の大聖堂に行ってきました。大きくて素敵なカテドラルでした。パイプオルガンの演奏を聴けて嬉しかった☆あれを一度演奏してみたい。

明日は染織の勉強をしてきます。

| | コメント (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »