« フランスで道をきかれる | トップページ | 和装について »

オランジュリーとパリのとらやカフェ

出張の合間、オランジュリー美術館に行った。
前回一人旅したときは改装中で行けなかったから。

今回、ご一緒した年配の女性たちにオランジュリーに行く話をしたら、みなさんも行きたいとおっしゃった。
海外旅行経験豊富な方から、70代後半で初海外の方まで、4人の女性たちを引率することになった。
モンパルナスのホテルからコンコルドまでメトロに乗り、コンコルド広場に出た。
コンコルド広場からは、遠くに凱旋門やエッフェル塔、ノートルダム大聖堂が見える。
みなさんについて来てよかったと言ってもらった。

美術館では、モネの睡蓮をはじめ印象派の作品を堪能した。

そしてランチの時間になり、前回の一人旅のときに行ったとらやカフェが近くにあることをお話ししたら、みなさん行く気になったのでお連れした。

前回行ったときは、「食事に困った時、最後の手段がとらやカフェ」と思っていたのに、1日目のお昼にとらやカフェの近くを通って雨が降り出して結局駆け込んだ思い出の場所。そのとき、フランス人男性に「いらっしゃいませ」と言われたこと、シャケ丼がメニューにあったけど、せっかくパリに来たのだからとアーティチョークのサンドイッチを注文したことが記憶に残っている。そのとき座った席まで覚えている。
今回行ってみたら、サンドイッチのようなメニューはなく、和食のみだった。みんなでお赤飯の定食とお抹茶と和菓子をいただいた。みなさん和食を召し上がって緊張もとれたご様子、お連れしてよかったみたいだった。

とらやカフェはオープンして30周年を迎えていて、私の前回の旅から8年が経過している・・・・・時が流れたのだなぁ。改めてそんなことも感じたのでした。

|

« フランスで道をきかれる | トップページ | 和装について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フランスで道をきかれる | トップページ | 和装について »