« 同窓会ランチ | トップページ | 田んぼの苗 »

緑のにほひ

月曜日はとってもとっても忙しくって、今日も気づいたら夜遅い電車に乗ることになってしまった。
職場の最寄り駅までの帰り道、暗闇の中、むわっと緑のにほひ。
植物と一緒に生きていることを改めて実感する。
それを実感できるのって幸せなことかもと思ったりした。

私は「科学崇拝少女」だった。科学でこの世界のすべてを論証できると信じていた。
理数系の、生物ではなく数学や物理といった科目の方が好きだった。
情緒的なことより、有機的なことより、無機質で理路整然として答えが一つになる美しい数式とかに魅力を感じていた。
E=mc^2を理解したかった。
(結局理解するにはいたらなかった。ウィキペディア読んでもやっぱりさっぱりわからない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/E%3Dmc²
このタイトルのマライア・キャリーのアルバムがあるんだって。初めて知った。)

でも、最近は答えが一つでなくていいと思うし、多様性にこそ面白さがあると思える。
生き物って不思議だなと思う。植物も動物も。
人間も動物であり、他の生き物と一緒に生きていることを感じる。
科学的根拠のないことでも、直感を信じてみたいと思える。
「誰も見ていなくても、お天道様が見ているから、罰が当たることはしちゃいけないよ」
っていう教えも、全然サイエンティフィックではないけれど、そういうの、大事だよね〜と思う。

大きくぶれ過ぎ?
科学を尊重する立場は取りたいとは思うけど、それだけでは説明できない気がする世界を、バランスをとって生きていかなくちゃね〜。

|

« 同窓会ランチ | トップページ | 田んぼの苗 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 同窓会ランチ | トップページ | 田んぼの苗 »