« 長い長い片道切符の旅 | トップページ | 鈴虫の声 »

牛首紬

石川県の山奥に連れて行っていただいて、牛首紬の工房を見てきました。玉繭という、二匹の蚕が一つの繭を作ったものを使って糸を紡ぐそうです。昔ながらの方法で紡いでいる様子や手織りの様子などもみせてもらうことができました。
いつも、このような伝統染織を見せていただく時、この伝統技術を受け継いでいって欲しいなーと思ってしまうけど、そのためにはそれを維持するための需要が必要なのだから、その一助になるよう製品を購入するのがよいとは思うのだけど、まだまだ就職したての私にはサラッと買えるお値段でもなく、ただ見てくるだけになってしまうのですよね。

そのお値段というのは、製造工程を見せていただくと全く高いとは思わないのだけれど…

仕事して貯金して、伝統染織品をサラッと買える大人になりたいものですねぇ。そして日本の伝統染織が途絶えないで受け継がれて欲しいものです〜。

|

« 長い長い片道切符の旅 | トップページ | 鈴虫の声 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 長い長い片道切符の旅 | トップページ | 鈴虫の声 »