« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

メコン川上流

1319472646880.jpg
中国雲南省の奥地まできています。

| | コメント (3)

歩きやすい靴

歩きやすい靴を見つけ,即購入♪
それをはいて今度は・・・また海外へ行ってきます.
今度はどんな人に出会えるのかな〜.

| | コメント (0)

色彩心理性格分析テスト

色彩心理性格分析テストやってみました。

http://www.true-c.com/color_test1.html

私の結果♪当たっていると思えるところもあり、そうでないところもあり。

あなたは太陽のように明るく知的で好奇心旺盛な人です。情報収集、研究、分析が得意なアイディアマン。しかし、アイディアだけで終わってしまったり、逆に自分にスポットが当たることに捕らわれる嫌いがあります。太陽は太陽系の中心にあり、光を発しまぶしくあたりを照らすものです。あなたは、人から注目され光り輝く存在になることが最もあなたらしくいられるポジションです。物事を拡大し発展させる能力があり、論理的です。また、研究熱心なので研究と論理で新しいものを創造する能力にも恵まれています。しかし、目立つことや注目されることで小さいころに嫉まれたり、恥ずかしいと思う経験をした場合は自分を目立たないポジションに意識的に持って行こうとしたり、必要以上に人間関係に気を使い本当の自分を出せなくなることがあります。あなたは、スター気質があるのです。注目されることを楽しみ、注目される性質を活かして下さい。

あなたは人間関係において上辺だけのつき合いは必要ないと思っています。本音で話せる人とだけ長くおつき合いしたいと思っているので、愛想を振舞って多くの人に好かれようと言う考えはありません。建て前でつき合うことが、むしろドロドロした関係に思え罪の意識さえ感じます。また、人は本来誰でも個性的であると言う事をあなたは知っています。その為、無理に自分を作るよりもありのままの自分でいることを尊重するので、無個性な人やあたりさわりの無い会話をする人との人間関係が苦手かもしれません。芸術的で直観力にも優れているので、趣味の会う人とマニアックな会話をすることが得意だったり自分に害を与える人を瞬間的により分ける能力もあります。団体行動よりも一人で行動するほうがむしろ気が楽と思うことが多いタイプかもしれません。

あなたはアイドルのように人から愛されたい、人気物になりたい、かわいがられたいと言う願望があるかもしれません。また、母親のように母性的で面倒見がよく、人の役に立つことで愛情を実感したいのかもしれません。人だけではなく、動物、植物や海などの自然など、愛することがテーマです。朗らかで、優しいあなたの雰囲気は人に安心感を与え警戒心を取り除き人はあなたに心を許します。しかし、それが本当の愛情ではなく嫌われたくないと言う自己愛からのものであれば、あなたは八方美人だと誤解されるかもしれません。

| | コメント (0)

ブータン、盛り上がってます!

王様の結婚式!

http://www.bbs.com.bt/bbs/video/video-wan1.html

そして王様ご夫妻の新婚旅行は日本☆

| | コメント (2)

ブータン王様の結婚について

今日のNHK総合夜9時のニュースで、ブータン国王の結婚についてのことが流れるようです☆楽しみ。

| | コメント (0)

Stay hungry, stay foolish

スティーブ・ジョブズさんが亡くなったとのニュース。
波瀾万丈の人生だったのですね。
スタンフォード大学の卒業式での彼のスピーチを聴きました。
5、6年前のものみたいだけど。
Stay hungry, stay foolish.
メッセージ、受け取りました。
私もApple製品を使っています。
素晴らしい製品をありがとうございました。
ご冥福をお祈りします。

http://video.google.com/videoplay?docid=9132783120748987670

| | コメント (0)

銀の匙

テレビで,灘高の伝説の授業の話をやっていた.
国語の授業で,「銀の匙」という小説をスローペースで読み終えさせ,その中で学ぶ姿勢を身につけさせたことが東大合格者数の急増につながったという話.そういう伝説の先生がいらしたということ.授業の中では内容に関連することから横道にそれていろんな分野につながることを学びたいという気持ちにさせるよう導いていらしたそう.保護者などからすぐに受験に役立つことをという苦情もあったそうだけれど,「すぐに役に立つことなんてすぐに役に立たなくなる.」といってマイペースを貫かれたそう.

この番組を見て,中学生時代にやはり国語で2,3年生の時お世話になったK先生のことを思い出した.先生の授業のノートは今も捨てられずに持っている.その先生は,中3,受験の直前,孔子の論語を扱っていた.受験に漢文は出ないのに.期末テストを公立高校入試の模擬試験にしたい周りの先生のブーイングを無視し,国語だけ漢文の試験だったも忘れられない.勉強は,学問は,受験のためにするわけではないという彼の哲学を反映してのことだったのだなと理解している.あのとき,論語を扱ってくださったことを今も記憶していて内容も覚えている.教員という職業に就いたら,そういう授業ができたらいい.

子曰く、吾れ十有五にして学に志ざす。三十にして立つ。四十にして惑わず。五十にして天命を知る。六十にして耳順う。七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。

先日仕事で大分の中でも進学率の高い学校に行った.壁に中学1年生の生徒が書いた学習目標が貼られていたのだけれど,
「効率よく勉強する」
って宣言していた.

中学一年生で,効率よく勉強,ね・・・・・
勉強なんて,効率よくやるものじゃなくて,自分で興味をもって深めていくものなのにな.
効率的でない勉強法こそ,本当に学ぶということにつながるのにな,と思った.

国語は教科書の新出単語じゃなくても,先生に調べろと言われなくても,読んでいて自分で説明ができない言葉はすべて国語辞典をひいて意味をメモし,元素記号を習ったら元になっているラテン語に近い英語名を調べてほとんどがその頭文字になっていることを確認して,「鉄はIronなのにFeなのは何でだろう,あ,[鉄の]っていうのはFerrousっていうんだ〜」と発見するとか.英単語の意味がわからなくて辞書を引いたら,目的の単語の周りの単語の意味も読んだりするとか.そういうのは効率の良い勉強ではないかもしれないけど.そういう勉強が,「学んだ」って実感できる勉強の仕方だった気がするのだけれどな〜.
そんなことを考えた.

| | コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »