« ジュリー | トップページ | 諦観の境地 »

交通事故にあったブータン人の話

ブータンでびっくりしたことをちょっと思い出した。
交通事故にあったブータン人女性と話したときのこと。
その前の年、占い師さんにみてもらったら「来年よくないことが起こる」と言われ、お祓い(?)をしてもらったのだそう。そうしたら、その年に結構ひどい交通事故にあったというの。

ここまでのお話を聞いて、日本人の私は、
「えー、お祓いしてもらったのに効果なかったの?」
と思った。

でも、彼女の口からは私にとって意外な言葉が続いた。
「お祓いを受けていたからこの程度の怪我ですんだのよ。ありがたい。」

この感覚の違い。
同じ物事をどうとらえるか。
人によってちがうけど。
私にとって目から鱗体験だった。
そういう彼らの精神性はやはりチベット仏教に起因するものなのだろうなと思う。
精神衛生上よいのはどちらかと言ったら、もちろん彼女の感覚だと思う。
ブータン人を見習うとよいと思うことはそういうところなんだよな〜。

|

« ジュリー | トップページ | 諦観の境地 »

ブータン」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジュリー | トップページ | 諦観の境地 »