« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

オランダの教育

昨日、偶然「地球イチバン」という番組を見た。オランダの教育が紹介されていた。
ジャガー横田さんの息子さんがオランダの学校に体験通学していた。
オランダの子どもたちは学校が居心地いい場所なんだって。
日本の教育とは違うところがいっぱい。

子どもに、自分のやりたいことをやらせるというスタンスだったのだけど、やりたいことが変わったら、それまでしていたことの後片付けをちゃんとするようにと指導していた。小さいうちから「自分の選択に責任を持つ」ことを教えていくとのこと。それって大事だなと思った。
子どもは、責任をとれるなら何をやってもいい、そう言って育てたいものだと思う。
「これをしちゃだめ、あれをしちゃだめ!」と禁止するのではなく。

http://www.nhk.or.jp/ichiban/archive/a16/index.html#bn

この番組、次回は、「ブータン」だって。時任三郎さんが行ったそう。
わーい楽しみ。録画しなくちゃ。

http://www.nhk.or.jp/ichiban/index.html

| | コメント (0)

ちょっとひといきと思いきや・・・

怒濤の1、2月を過ごしました。
2月末には上京したりして(今回の上京もイロイロありましたが)、4日に大分に戻ってきてほっとしたかと思ったら・・・

何もしていないのに月曜日から左膝が腫れてきて痛み、まだそれらが引かないのでやっと今日整形外科へ。
注射でたまっていた水を抜いてもらいました。はぁ。大きな湿布して包帯ぐるぐるまきでけが人みたい。
昔、やっぱり左膝のお皿の脱臼で血がたまって足がパンパンに腫れたとき、その血を抜くための注射がめちゃくちゃ痛かったので、「膝への注射」というのは私のトラウマなのです。そのあと手術ということになったし。
今回はそのときの記憶より痛くはなかったのだけど、「注射で溜まっている液体を抜く」と言われてから実際注射されるまでの時間、子どものように「注射嫌だよ〜!」と言って泣いて逃げ出したくなるのをこらえるのに必死でした。スタコラサッサと逃げ出したい自分との戦い。我慢しました。(当たり前か。)

今回はお皿が外れたのでもひねったのでもなかったのになぁ。
疲れが、私の一番弱いところに出たということでしょうか・・・
仕事も適度に整理しながらやらなくちゃ。
一目散に突っ走るのではなくてさ、と思うのだけど。
今週末、少し安静にして過ごしたいと思います。

| | コメント (2)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »