日記・コラム・つぶやき

すっかりご無沙汰・・・

このブログはすっかり滞ってしまっています。
でも、ブータンのことを忘れて日々過ごしている訳ではないのです。
ブータン関係の方と交流したりもしています。
ブータンの方と交流することで、チベット仏教にも触れることができるし、ゾンカ語を聞く機会もあるし、ブータンの面白さをまた感じます。

「すみませんってどういうときに使うの?」
「あんまりって何?」
「ギリギリって?」
日本語に関する質問を受けて、英語で説明しようとするのだけど・・・難しいですね。

逆に、彼女が使っているiPhoneにチベット文字キーボードを発見して教えてもらいました。
チベット語とゾンカ語の大文字は同じだということ。
小文字は違うということ。
ゾンカの小文字は大文字をなめらかに書くだけだけど、チベット文字は違うのだということ。
チベットの人が発音するのと、ブータン人が発音するのとでは違うということ。
へぇ、そうなんだ。
ブータン人をより深く理解するためには、やはり言葉を学ばなくてはいけないのだなと、言葉って大事だなと、また改めて思うのでした。

そんな日々は過ごしているのですが、大分に来て2年半が過ぎたところで少し落ち着いて、ちょっと足もとに目をやると、何だかいろいろと考えさせられることが多くて・・・。
でも、あまり考えすぎず、忙しさの中にも楽しみを見いだして過ごそうと思うのです。

| | コメント (0)

iPS細胞って・・・

山中教授のノーベル賞受賞、おめでとうございます。
でも、iPS細胞って・・・再生する細胞なのですよね。
すべての臓器が再生できるようになったら、コピー人間も可能なのかなとか、
しばらくは人間で臨床試験しつつその医療を受けられる人と受けられない人との間にはお金を支払えるかそうでないかという壁ができる時期があるのだろうなぁとか・・・
いろいろと心配してしまいます。

でもでも、世界中に注目されるような(世界的に価値がある)研究を日本でしていて、それがノーベル賞受賞という形で評価されたということは、やっぱりまだまだ日本ってすごいなって思わされました。山中教授を研究者として育ててくれたのはアメリカでの研究環境のようでもあるけど。
受賞インタビューで、山中教授は終始硬い表情をしていて今後も続く研究の責任の重さも実感されている様子でしたが、更なる研究の発展を祈りたいと思います。

| | コメント (0)

もう秋・・・

今年の夏はとにかくめちゃくちゃ忙しかった。
お盆休み明けに重い仕事があって、お盆休みさえ気が休まらなくて、駆け抜けた8月、9月に入ってからもすぐに1年前から決まっていた大きめの仕事があった。それが終わってからは目の前の小さな仕事をちょこちょこしていたけれど、仕事が進まず抜け殻になっていた。それで、このブログも更新する暇がないまま2ヶ月以上たった。
この間、大分にいるブータン人ご一家とお知り合いになったり、ブータンの講演会をさせてもらったり、ブータンに関わる活動もしていたのだけど、ここに書く余裕がなかった。

そしてもう秋になった。涼しい風が吹いている。
明日からマレーシア、ボルネオ島、クチンへ行くことになっている。
仕事だけど、初めて行くマレーシア、南国の雰囲気の中で少しだけ息抜きもしてこよう。

| | コメント (2)

大雨・・・

確かに昨日は大雨だった。
でも、朝になって凄まじい豪雨だったことを知った。
大分市内は、電車のダイヤがちょっと乱れたものの、特に変わりない日常。
水の力って怖い。予報では雨が降り続くとあるけど、これ以上降らないでと祈る。

最近時間がビュンビュン過ぎる。
同僚先輩の方に会って、「誰かが僕の人生の早送りボタン押してるよなぁ」とおっしゃっていた。
確かにそんな感じの今日この頃。

でも、私は無事に過ごせている。そのことが有り難いことと実感する。

| | コメント (0)

久しぶりの晴天

今日は久しぶりの晴天。
昨日は久しぶりにブログを書いてみたので、今日も書いてみることにする。
忙しいのと、ネットに対する感覚の変化と、いろいろな理由でブログお休みしていたけど、ちょっと復活してみようかな。ブータンは王様来日以来のブームが続いているし。

毎日ブログを書いてた学生時代は、やっぱり時間があったのだなと改めて思ったりもする。

最近、大分は雨続きだったなぁ。雨、降らないのも困るけど降りすぎても洪水になっちゃうからちょうどよく降ってほしいなぁというのは人間の勝手とはわかっているけど。

梅雨が明けたら、大分に来て3回目の夏が来るのだな。
もう、3回目かぁ。不思議な感じ。久しぶりに海水浴にでも行きたいな。
子どもの頃はよく行っていた、関の江海水浴場に。

| | コメント (0)

七夕です!

七夕です!
でも、曇っていて天の川が見えません。
でも、雲の上で織姫様と彦星様は会っているはず。
短冊でなくても、ここに書いたことは叶うジンクスを信じて、今年も願い事書こう。

世界が平和でありますように。
家族が健康でいられますように。
会いたいあの人に早く会えますように。

続きを読む "七夕です!"

| | コメント (0)

英語の勉強

英語の勉強してるけど、早くて聞き取れない。日本語でも早口の人の言葉は全く頭に入ってこなくなるのだけど。すべてにおいてもともとのろまで頭の回転も遅いので、早口言葉は何より苦手~。
早口英語を聞き取れるようになるには、生まれ変わらなくちゃ無理かも。生まれ変わっても無理かもと思う今日この頃。
はぁ。

| | コメント (0)

恩師に会いに

ちょっと遠くまで、小学生(5〜6年)時代の担任の先生に会いにいってきました。
今はご実家のお寺でご住職をされている先生、とーっても久しぶりにお会いしましたがお変わりなかったです。やはり年をとられてまるくなられたなぁとは思いましたが。
大変お世話になったので、お年賀状を送り続けて四半世紀!ずいぶん時間が流れました。
同級生と2人で行ってきて、彼女については「痩せたし髪型も変わったねぇ」とおっしゃっていたのですが、私には「全然かわってないね〜」と。
確かに私は小6で身長167cmでしたから、2cmしか伸びてないし…?

今だからこそお話しできる諸々をお話ししながら、美味しいお好み焼きをごちそうしていただいてきました。そのあと、別ルートで先生とお互い知り合いの方が経営されているフェアトレードショップ大地さんでコーヒーをいただきながらおしゃべり。楽しかったなぁ。
お寺で、ブータンの講演をしてというご依頼もいただいてきました。ブータンについていろんな方に知ってもらえるのは嬉しいから、予定をすりあわせて実現できたらいいなと思っていまーす。
また会いに行こう。

| | コメント (0)

オランダの教育

昨日、偶然「地球イチバン」という番組を見た。オランダの教育が紹介されていた。
ジャガー横田さんの息子さんがオランダの学校に体験通学していた。
オランダの子どもたちは学校が居心地いい場所なんだって。
日本の教育とは違うところがいっぱい。

子どもに、自分のやりたいことをやらせるというスタンスだったのだけど、やりたいことが変わったら、それまでしていたことの後片付けをちゃんとするようにと指導していた。小さいうちから「自分の選択に責任を持つ」ことを教えていくとのこと。それって大事だなと思った。
子どもは、責任をとれるなら何をやってもいい、そう言って育てたいものだと思う。
「これをしちゃだめ、あれをしちゃだめ!」と禁止するのではなく。

http://www.nhk.or.jp/ichiban/archive/a16/index.html#bn

この番組、次回は、「ブータン」だって。時任三郎さんが行ったそう。
わーい楽しみ。録画しなくちゃ。

http://www.nhk.or.jp/ichiban/index.html

| | コメント (0)

ちょっとひといきと思いきや・・・

怒濤の1、2月を過ごしました。
2月末には上京したりして(今回の上京もイロイロありましたが)、4日に大分に戻ってきてほっとしたかと思ったら・・・

何もしていないのに月曜日から左膝が腫れてきて痛み、まだそれらが引かないのでやっと今日整形外科へ。
注射でたまっていた水を抜いてもらいました。はぁ。大きな湿布して包帯ぐるぐるまきでけが人みたい。
昔、やっぱり左膝のお皿の脱臼で血がたまって足がパンパンに腫れたとき、その血を抜くための注射がめちゃくちゃ痛かったので、「膝への注射」というのは私のトラウマなのです。そのあと手術ということになったし。
今回はそのときの記憶より痛くはなかったのだけど、「注射で溜まっている液体を抜く」と言われてから実際注射されるまでの時間、子どものように「注射嫌だよ〜!」と言って泣いて逃げ出したくなるのをこらえるのに必死でした。スタコラサッサと逃げ出したい自分との戦い。我慢しました。(当たり前か。)

今回はお皿が外れたのでもひねったのでもなかったのになぁ。
疲れが、私の一番弱いところに出たということでしょうか・・・
仕事も適度に整理しながらやらなくちゃ。
一目散に突っ走るのではなくてさ、と思うのだけど。
今週末、少し安静にして過ごしたいと思います。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧